« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005.10.31

鎌北湖

051030_18
051030_24

 10月30日、親戚2組の夫婦+1人、計5人が鎌北湖に集結して、ちょっと高いところに上がって、四阿で昼食を摂りつつ、しばし団欒。
 その後鎌北湖をゆっくり一周して解散。
 鎌北湖は、へらブナ釣りで人気のあるところで、湖畔はへらブナ釣り向きに作られている。これがために湖畔は釣り人達に占領されて、釣り人以外の人達は湖畔の遊歩道を歩くだけで、ゆっくりする場所が確保しにくい雰囲気があるように感じられた。
 鎌北湖の周りの山には遊歩道が造られていて、景色もいいので、時々訪ねて周りの山に登って散策する。
 ここからは、巾着田方面や顔振峠方面などへの遊歩道がしっかり作られていて、ハイキングの拠点としてもよいところだ。
 ただし、山に登ったり長距離を歩くことが嫌な人達には、ゆっくりできる場所があまりないので、敬遠されるかも知れない。そういうこともあってか、天候があまりよくなかったせいか、釣り人以外には人出はあまり多くなかった。
 ここの紅葉もなかなか見事だが、写真に見られるように、少し色づいてきているものの、まだ少し先のようだ。ピークは11月下旬だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.29

鳩ノ巣渓谷

051029_08
051029_17

 今日の天気予報では午後には雨が降るようだったが、何とか保ちそうだったので、比較的近いところにある鳩ノ巣渓谷に出かけた。
 丁度正午頃に鳩ノ巣駅近くの公営駐車場に車を置いて、すぐそばにある蕎麦屋で昼食。
 昼食後、多摩川の渓谷に下りて、遊歩道をのんびり白丸駅方面へ歩いた。
 写真左は少し色づいたところを撮ったものだが、こういうところに近づいてみると、紅葉の前に枯れてしまったもののようだ。少々がっかりだったが、まだ緑を保っている部分の方が圧倒的に多いので、本格的な紅葉はまだまだ先だと思う。紅葉のピークは11月中旬から下旬と思うが、是非絶景を見せてもらいたい。
 写真右は、多摩川右岸の1風景で、どうやら間伐が行われているようだ。最近間伐も行われないまま放置されている山が多いようだから、是非しっかり管理してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.27

イカは腕が10本?

051028_tospo2

 イカは足が10本ではなく、腕が10本というのが正しいらしい。
 イカは海底を歩き回ることはなく、一般にいわゆる足といわれている10本でモノをつかまえたり、エサを抱え込んだりしているから、その働きは「腕」であるらしい。
 更に、タコも本当は全部腕ということらしい。
 でも、タコ足配線がタコ腕配線じゃ、ピンとこないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

コウノトリどうした?

051024_yukan1

 東京新聞10月24日夕刊の記事。
 関連記事:コウノトリ頑張れ

 人工繁殖を重ねてやっと5羽を放鳥したコウノトリだったが(関連記事参照)、5羽とも我が身を育ててくれた”実家”から離れられないらしい。
 近くの人達にとっては嬉しいような気もするかも知れないが、やはり自然に帰って自力でエサを捕食し、自力で子を産んで子育てしてこそ本物だろう。何とか頑張って欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

大菩薩ラインをドライブ

051022_16
051022_23

 昨日午後は晴れそうな天気予報だったので、大菩薩ライン(国道411、青梅街道)を柳沢峠まで走り、そこに車を置いて、三窪高原ハンゼの頭に登る予定だった。
 当日は朝から生憎の雨模様だったが、天気予報を信じて決行することにした。
 朝8時半頃出発。
 途中小河内ダムの駐車場に立ち寄り、紅葉の様子を眺めた。ようやく少し色づき始めたようだ。
 更に進めたが、天気はいっこうに回復の兆しを見せない。
 10時少し前に丹波山温泉「のめこい湯」の施設がある駐車場に車を入れて、様子を見ることにした。10時開店のお店に入って、野菜などを少々購入しつつ時間をかせぐ。やはり天候は回復しそうにない。
 このまま引き返すか、先へ進むか少々迷ったが、とにかく柳沢峠まで行ってみようと決断した。車窓から眺める紅葉は、奥に入るほど少しずつ色が濃くなっている。
 10時40分頃に柳沢峠に到着した。ここで少々時間を過ごしたが、相変わらず小雨が続いたままの上、山に立ちこめていた霧が段々濃くなってきたので、引き返すことを決断した。
 11時柳沢峠で折り返す。今来た道をひたすら走り、途中深山橋で右折して奥多摩周遊道路に入る。
 周遊道路を少し走ったところにある「山のふるさと村」に立ち寄って、ここで昼食タイム。この辺りも紅葉はまだ色づき始めたばかりだ。
 ここで少し休んだ後、都民の森から檜原街道、秋川街道を経由して我が家へ。
 写真は帰路立ち寄った「山のふるさと村」。右の写真の花は名前不明。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.22

月下美人

051022_yukan1

 東京新聞10月22日夕刊の記事にこのような花が紹介されていた。
 名前は聞いたことがあるが、多分花は見たことがないと思う。
 新聞記事の写真はもっと綺麗だが、オリジナルの写真は更にずっと綺麗なのだろう。
 何れ見てみたいが、夜じゃないと咲かないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.18

バックの要らない車

051105_aski

 週間アスキー11月1日号「東京モーターショーPREVIEW」より抜粋。
 10月21から始まる東京モーターショーに日産からこんな車が出展されるらしい。
 キャビンの部分が回転するから、車庫入れなどの際にもバック運転する必要が全くないという。面白いアイデアだと思うが、小さすぎるから欲しいとは思わない。ウーン、でも気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.15

羽村市動物公園

051015_74

 久々に羽村市動物公園を訪ねた。
 入り口から順路通りに進むと、最初に迎えてくれるのがこのコンゴウインコ。これは身体もでかいし、声もでかいが、今日は何故かおとなしくしていた。
 間もなくプレーリードッグに出会える。我が家でも去年まで飼っていて、天寿を全うさせたが、とてもかわいい。
 全部一回りして、最後に人気のレッサーパンダを見た。しばらく眺めていたが、結局立ってくれなかった。それでもよく動き回って、仕種がとても可愛かった。
 こちらに関連写真。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.10.13

封印?

051014_tospo31

 東京スポーツ10月14日号の記事。
 ウーン、我が愛車のナンバープレートにこんなのがついていたかなあ。(-_-;)
 これ”封印”というものらしい。故意に壊したら重罪だとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

蛇がワニを食った?

051005_tospo

 東京スポーツ10月7日号の記事。
 笑えるなあ。
 蛇がワニを食うのも間抜けだが、食われる方も似たようなもの。
 おまけに両方死んじゃうなんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.10

チョモランマ3.7m低い

051010_chokan01

 東京新聞10月10日朝刊の記事。
 中国の国家測量局の発表によると、世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)の標高が、これまでの8848.13mより3.7m低い8844.43mに改められたという。
 これは測量技術の進歩により、測量の精度がより高まったことのほか、地殻変動などで実際の標高が低くなっている可能性もあるかも知れない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.10.08

金属片の正体

jafmate10_1
jafmate10_2

 JAF Mate 10月号の記事。
 全国の道路のガードレールに、得体の知れない怪しげな金属の突起物があちこちで発見されて問題になっていたが、国交省の調査でようやく正体が明らかになったらしい。
 車がガードレールに接触して、車体の一部がはがれてついたものが金属片の正体という結論になった。
 国交省の調査結果を受けて、JAFが実験を行ったところ、国交省の結論を裏付ける結果が得られたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

お化けカボチャ

051003_yukan

 東京新聞10月3日夕刊の記事。
 ドイツ南部ルートウィヒスブルクで開催された「カボチャ重量選手権」に出されたカボチャたち。
 驚いた、何という巨大なカボチャだろう。
 世界は広い。地球上には日本では想像もできないようなものがまだまだあるのだろう。
 見事優勝したカボチャの重さは、何と457kgだったというから、小錦と曙を合わしたくらいある。
 この巨大なお化けカボチャ、食べられるのだろうか。いったいどうやって切るんだろう。
 適当な大きさに切れば、商品になるのかな。
 値段はいくらくらいなのか。興味がつきない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »