« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.25

あきる野市のカタクリ

 新聞でも報道されていたので、カタクリが群生しているあきる野市切欠(きっかけ)を訪ねた。
 花がいっぱい咲いていて、ほぼピークだったようだ。

 関連拙HP:グラビア

DSCN0720

DSCN0726

DSCN0733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンコンの穴は?

 東京スポーツ3月24日号より。

 レンコンの穴にもちゃんとした役割があるということ。

  060324_tospo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.21

冬山の登山

 拙ブログ関連記事:冬の山は危険
 東京新聞3月21日朝刊より。

060321_chokan1

 八ヶ岳では東京の山岳会のメンバー3人が遭難して、3人とも凍死した。
 3人の年齢は45~57才で、中高年。

060321_chokan2

060321_chokan3

 谷川連峰でも救助要請があったようだ。
 これと同じグループか分からないが、今朝のテレビのニュースでは2人が死亡した模様だ。
 こちらもやはり中高年の人たちらしい。

 遭難した人たちは何れも中高年で、十分な経験のあるベテランのはずだから、冬山の危険についても十分な知識を持っていたと思う。どうして遭難したのか?
 山小屋に泊まったり、避難小屋でビバークすることを前提に、軽装備で入山したのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霞川下流散策2

DSCN0708

 堤防周辺には早くも色んな花が咲き始めていた。

 ヒヤシンス。

DSCN0709

 堤防の近くに住む人達が、あちこちで色んな花を植えて手入れしているようだ。

 スミレ。

IMG_3475

 これはシュウカイドウかな、と思ったが、後で調べてみたら花も葉も全然違っていた。
 何だろう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.03.18

霞川下流散策1

 青梅市を源流として入間川に流れる霞川の最下流地点(入間川との合流地点)まで行き、ここを起点にして、霞川の堤防を上流へ2キロほど歩いて、散策しながら往復した。

 この写真の奥が入間川で、手前の川が霞川。
DSCN0699

 この鳥は何かな?
DSCN0703

これはシラサギかな?
DSCN0705

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

武蔵丘陵森林公園3

(今月の contents

DSCN0667

 何故か色んなスイセンが同時に満開を迎えていた。

 左は日本スイセン。
 これは早咲の部類で、12月頃に咲くことが多いと思うが、何故か今咲いていた。

DSCN0669

 ラッパスイセンもいっぱい咲いていた。
 日本スイセンが原種らしい。
 花言葉:自己愛
 こちらは今咲くのが普通なのかな。

IMG_3455

 三つ葉ツツジももう少しで咲きそうだ。
 多くは下の写真のようにまだ蕾だったが、左の写真のように、待ちきれずに(?)咲いてしまったものも一部見られた。

IMG_3457

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.13

カワウソがイナバウアー?

(今月の contents

 トリノオリンピックで有名になった荒川静香のイナバウアーだが、高知県立の動物公園でカワウソのラブちゃんが何故かこれをやってすっかり人気者になっているのだとか。
 テレビでもやっていたが、なかなかの芸だった。

 東京スポーツ3月14日号より。
   060314_tospo1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.12

武蔵丘陵森林公園2

関連写真:森林公園の梅

DSCN0657

 今年の梅はかなり遅いので、ここもまだ少し早いかなと思っていたのだが、行ってみたらほぼピークと言ってよい状態だった。
 天候もぽかぽか陽気で、大勢の人が集まって、のんびり花見を楽しんでいた。

DSCN0658


 梅林を東へ下ったところにある「雅の広場」の建物の中に、下の写真のような梅の説明が貼ってあった。偉い人からは桜より梅の方が好まれていたのかな。

DSCN0676_1

DSCN0677_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.11

武蔵丘陵森林公園1

 国営武蔵丘陵森林公園を散策した。
 いつもは南口から入って、北口付近まで歩いて往復するが、今回は中央口から入って南側を歩いた。

DSCN0634

 先ずは野草コース。
 ここにカタクリがあるのだが、歩いた範囲では見当たらなかった。
 カタクリはもう少し先のようだ。
 カタクリの代わりにユキワリソウが見られた。

DSCN0636

 これもユキワリソウ。
 金鳳花(きんぽうげ)科、ミスミソウ属
 サクラソウ属に属する、とする説もあるらしい。
 ユキワリソウの名は、早春に開花し、雪の残っているころに雪を割るようにして咲き出すのが名の由来。

DSCN0641

 別名として、三角草(みすみそう)」と 「洲花草(すはまそう)」がよく知られる。
  「三角草(みすみそう)」の名は葉が三裂するところから。 「洲花草(すはまそう)」の名は、葉の形が、祝いの席に飾る島台の”州浜”に似ているところかららしい。

DSCN0638

 福寿草はピークを過ぎた感じだが、まだ頑張っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

冬眠から覚めたかな?

 部屋の中で勝手に場所を決めて冬眠していた我が家の2匹のリクガメが揃って動き出した。
 寒くなったらまた潜り込むかも知らないが、亀たちも春を感じ始めたのかな。
 でも、まだ半分眠っているみたい。(^_^;)

DSCN0628_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.08

犬にできるの?猿退治

 世界自然遺産の白神山地に生息する猿が相手とあっては、うかつに手を出せないのかな。
 でも、犬が猿を追い払うことができるのかな? 長野県では実績があるらしいが、公費をつぎ込むほどの効果があるのだろうか。
 犬は木に登れないから、ワン、ワン、吠えることしかできそうもないが、木に登った猿にバカにされるだけかも知れない。(~_~)

東京新聞3月6日朝刊より。
060306_chokan12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.02

亀が立った!

060309_shincho1

 週刊新潮3月9日特大号グラビアより。

 ウーン、亀が立ってるよ。あり得ない、..
 でも大好物の餌をぶら下げられると、立てるんだねー。

 我が家のリクガメどもにも試してみようかな。やっぱり無理だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »