« 天覧山から多峯主山2 | トップページ | 高尾山超満員! »

2006.11.25

天覧山から多峯主山3

3.多峯主山の周辺

Img_4657_1

Img_4658_1

 多峯主山山頂のすぐ下に飯能の領主だった黒田直邦のお墓がある。
 黒田直邦は、五代将軍綱吉に仕えて以来、八代将軍吉宗に至るまで50余年に渡って将軍家の厚い信任を得ていたという。飯能地方の領主になったのは1707年以降であるらしい。

Img_4659_1

Img_4661_1

 多峯主山とは尾根続きの隣の山に御嶽(おんたけ)八幡神社がある。
 小さなお社があるだけだが、この辺り一帯のお守りとして鎮座している。

Img_4660_1

 誰が置いたのか、お社に日めくりカレンダーが置いてあり、ちゃんと今日の日付になっていた。(#^.^#)
 ここを訪れた人が気をきかして、めくっているのだろうか。それとも日々管理している人がいるのかな。

Img_4662_1

Img_4663_1

 この場所が常盤ヶ丘。
 かつてこの場所に常盤御前のお墓があったというが、本当だろうか。
 お墓は、「今はなく、法きょう印塔1基が建っている」 と書いてあるが、”法きょう印塔”って何? (^^ゞ


4.おまけ

 以下おまけ。(*^_^*)

 車を置いた飯能市の駐車場に戻って、この周辺を少し散策。
 この駐車場は、飯能市の郷土館、市民会館、中央公園などの施設の敷地に設けられているもので、広い上に無料なので、大変ありがたい。この周辺には、今回歩いた能仁寺、天覧山、多峯主山のほかにも、吾妻峡、飯能河原など多くの観光スポットがあって、これまでに何度も利用している。

Img_4694_1

 中央公園では、子供達を対象にした”忍者修業”(だったかな?)のイベントがあったようだ。
 公園内の紅葉は終わりかけていたが、藤の葉はこれからのようで、少し色づいていた。

Img_4697_1

 タンポポがまだ頑張っていた。タンポポは春から秋まで本当に長い期間に渡って目を楽しませてくれる大変ありがたい花だ。(#^.^#)

Img_4701_1

 紅葉して間もなく葉が枯れ落ちそうなツツジなのに、何故か今頃花を咲かせていたが、さて...
 地球温暖化なのか、ツツジも勘違いをしたのだろうか。何かが狂っているような気がする。

|

« 天覧山から多峯主山2 | トップページ | 高尾山超満員! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/12820771

この記事へのトラックバック一覧です: 天覧山から多峯主山3:

« 天覧山から多峯主山2 | トップページ | 高尾山超満員! »