« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007.12.29

達筆オタリア?

071228_tospo1

(参照資料:東京スポーツ12月28日号)

 ウーン、見事! 確かに“子”になっている。負けそう。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.10

三頭山(写真紛失)

 12月8日(土)、好天の予報に誘われて、絶好の富士山展望のポイントであり、都民の森のシンボルでもある三頭山に登った。
 登りは、都民の森駐車場から、森林館→三頭大滝→三頭沢→ムシカリ峠→三頭山のコースを歩いた。何度も歩いているコースである。

 9時15分頃登山開始。駐車場から森林館までのだらだらの登りが意外にきつい。疲れを残さないためには、ここをゆっくり歩くのがコツである。
 森林館から大滝に至るまでの路には木工くずが敷き詰められていて、足に優しくて、いつもながらとても歩きよい。
 ほどなく滝に着いて小休憩。滝はごく一部が凍っている程度だった。

 三頭大滝から三頭沢沿いのコースが、先の台風で大分傷んでいたようだ。現在復旧工事が進められているが、大き目の砂利が敷かれていて、まだ安定していないためゴロゴロして、随分歩きにくかった。この部分で疲れてしまった。(^_^;)
 歩きにくい三頭沢沿いの路を我慢して歩き続け、ようやく笹尾根のムシカリ峠にたどり着く。ここで小枝越しに富士山が見えるはずだが、全然見えない。ウーン、がっくり。ここから山頂までがやたら長く感じた。歳かなぁ。

 うん、ウン唸りながら、11時20分頃ようやく三頭山山頂にたどり着いた。歩き始めてから2時間以上かかってしまった。以前は1時間半ほどで歩けたのに...。
 山頂には先客が10名ほどいただろうか。無駄と思いつつ、まずは富士山方面を見る。目を凝らすと、頭の部分だけが薄っすら見えていた。周りの先客たちは誰も気づいていないようだった。そのうち、こちらの様子から先客達も気づき始めて、小さな歓声が沸き上がる。第一発見者である。執念が違う。(^^♪ ここで昼食休憩。後続部隊(?)が続々登ってきた。

 山頂でしばし休憩した後、下山開始。登山路に選んだコースが歩きにくかったこともあって、下山は鞘口峠へ向かう尾根路を下り、途中から山腹斜面のジグザグ路に入り、野鳥観察小屋を経由して森林館まで戻るコースとした。
 森林館の1階にあるレストランでかけそばを注文して小休憩。この店のそばは結構美味い。

 帰宅後、早速デジカメの写真をパソコンに移した、...つもりだったが、いざアップしようとしたら、どこを探しても見当たらない。メモリカードをパソコンに差し込んで、写真をしばらく眺めた後、カードをカメラに戻して、いつものようにカメラでデータを削除する。いつもの手順を踏んだはずだが、実際にはパソコンのハードディスクにデータをコピーしないままだったのかも知れない。
 とても残念だが、無くなったものは仕方がない。反省!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.03

武蔵丘陵森林公園の紅葉

 12月1日(土)、埼玉県にある国営武蔵丘陵森林公園を訪ねた。紅葉の観賞が主な目的だったが、近頃の紅葉は以前ほど奇麗ではなくなっているので、あまり期待していたわけではなかった。その割には、案外奇麗な紅葉を見ることができたかな。(^^♪

 南口から入園して、東寄りの路を北へ向かって歩き始めた。
 「南口→運動広場→疎林地帯→中央橋→記念広場→公園・庭園見本園→かえで見本園→中央橋→展望レストラン→南口」のコースを、あちこち立ち寄りながら、ノンビリ歩いた。
 紅葉は随所で結構見られたが、中でも“かえで見本園”周辺が見ごたえがあった。

 写真はこちら。↓
 武蔵丘陵森林公園の紅葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »