« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009.01.25

狭山湖

昨日は小雪が舞う寒い1日で家の中に縮こまっていたが、今日は寒いながらも一転して好天に恵まれ、久しぶりに狭山湖を訪ねた。
狭山湖の北側から堤防に向かい、湖畔の駐車場に車を置いた。
堤防に向かって歩き、堤防の手前でまず1枚。今日のように寒くて晴れた日は何故か展望が抜群である。富士山がくっきり見えていた。

展望を楽しみながら長い堤防をゆっくり歩く。
堤防の途中にこんな展望図が設置されていたが、この絵に描かれている山は全部しっかり見えていた。

堤防を歩くほどに富士山が左手前の山に隠れて、やがて完全に見えなくなる。
その分、今度は奥多摩の山々が次第に全容を現してくる。


堤防の部分を除いて、狭山湖には金網のフェンスが設置されているが、堤防を往復して駐車場に向かう途中、最後に金網の間から富士山を撮影。
湖面には逆さ富士が何となく映っている。完全無風で、さざ波が全くない日なら、もっとくっきり見えるのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.18

雪の三窪高原(2)

ここがハンゼの頭山頂である。
山頂までの階段は雪解けで少々ぬかるんでいたが、山頂にはまだ結構な雪が残っていた。やっぱり寒い。
山頂には誰もおらず、連れと二人、山頂二人占め(?)である。(*^。^*)

でも、風が強いのに閉口した。
途中で脱いだ上着を着込み、さらにヤッケを着るが、それでも寒い。
寒さに耐えながら、ここで昼食休憩。


何はおいても、まずは富士山である。
実物の富士山は、この写真よりずっと綺麗に見えているのだが、何しろ素人迷カメラマンの腕では、これ以上は望み難い。もっと綺麗に撮りたいなあ。(^_^;)

ここからは富士山だけでなく、白根三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)を始めとする南アルプスの山々や、その手前の鳳凰三山も丸見えである。
この点が過日登った奈良倉山や三頭山とは違うところである。

こういう山は険しくて、とても登る元気がない。遠くから眺めるに限る。

白根三山の右には甲斐駒も相変わらず威張っていた。

そして、少し目を転じよう(下の写真)。
金峰山(左)や甲武信岳(右)など、奥秩父の山々も、ちょこんとだけだが、しっかり姿を見せていた。

それにしても寒かった。写真を撮るのにも、手が痛くなって大変だった。


気温は三頭山の時に比べたら随分高かったはずだが、風が強くて、じっと佇んでいられない状態だった。
何とか食事を済ませ、写真もほどほどにして、下山にかかる。

雪があるから、登ってきた路を辿って戻ることにしよう。まずは最初の階段から大菩薩連嶺(小金沢連峰)を眺めて、ハンゼの頭に別れを告げる。(おわり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.17

雪の三窪高原(1)

山梨県甲州市にある三窪高原に登った。
国道411を柳沢峠まで走って、ここの駐車場に車を置いた。
この駐車場には立派なトイレが設置されているのだが、以前は冬の間だけ凍結のため閉鎖されていた。ところが、いつからだろうか、不自由な人のために設けられている1室だけが利用可能になっていた。しかも暖房つきだった。おそらく利用者から強い要望が出されていたのだと思うが、暖房はともかくとして、これは大変ありがたいことである。

さて、この駐車場の標高は1400mを超えており、道路があると気がつきにくいが、既に完全な山域である。駐車場にも上の山にもまだかなりの雪が残っていた。
アイゼンとスパッツを装着して歩き始める。

駐車場から階段を上って林道に出て、もう一度階段を上って再び同じ林道に出る。
この林道をを少し歩くと、間もなく分岐にさしかかる(写真)。
ここを右へ入ると登山路で、ここから本格的な登りが始まる。

登山路に入って、山腹に設けられたジグザグの登山路をひたすら登る。
登山路はおおむね雪に覆われていたが、所々で土が露出していた。過日登った三頭山の時に比べて、雪はやや少ない感じである。雪が降り積もってから1週間以上が経過して、少し融けたのだろうと思う。

この写真では小さくて見えづらいが、中央付近に1枚の薄い板状の岩が屹立している。何故このようなものができたのだろうか。

上の写真は、通り過ぎてから振り返って撮影したものだが、この妙な岩を過ぎて、ひと登りすると、間もなく最初のピークである“柳沢の頭”に辿り着く。
いつもなら、ここまで30分程度だが、この日は1時間近くかかった。やっぱり、雪で少々歩きづらかったのだろう。
ここで小休憩して、富士山や南アルプスの山々を眺める。この場所も中々の展望ポイントである。でも、その先にもっと素晴らしいポイントがあるのだ。(^-^)

柳沢の頭から、更なるこう展望を求めて、再び歩き始める。ここから先は気分のいい尾根歩きになる。
何度かのピーク、鞍部を繰り返して、目指す終着点、“ハンゼの頭”がようやく間近に見えてきた。日当たりの関係だろうか、この山のこちら側に見える山腹には雪はあまり残っていないようだ。

いったん暗部に降りて、階段をひと登りすれば山頂である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.13

今年も三頭山(番外)

三頭山山頂で、寒い中至福のひと時を過ごした後、名残り惜しみつつ下山にかかる。
相変わらず左手は手袋をはめたまま、右手は尻ポケットに出し入れを繰り返しながら、食事の後片付けをする。もう一度、富士山やその他の山々眺め、別れを告げて、下山を開始する。

登ったコースは三頭沢沿いの沢登りコースだったが、登ってきた人にコースの状態を確認して、鞘口峠へ向かう尾根路を下山路に選んだ。尾根路を歩いている途中、見晴らし小屋の手前の分岐で、野鳥観察小屋から登ってきた人に出会ったので、そちらのコースの安全を確認する。どうやら大丈夫そうなので、この分岐で尾根路から分かれて山腹斜面のコースに入る。このコースも相変わらず雪に覆われていたが、踏み跡がしっかりしていたので、問題なく歩くことができた。
しばらく下って、野鳥観察小屋に到着。ここも、登りに歩いた三頭沢に下るか、なお山腹斜面を歩くかの分岐になっていて、山腹斜面のコースを選んで少し歩いた。ところが、踏み跡が殆どなくなっていることに気づいて、引き返すことにした。やっぱり三頭沢に下って、もう一度三頭大滝を見てから帰ることにしよう。(^_^;)

というわけで、再び三頭大滝に戻って、雪に覆われたベンチに荷物を置いて滝を眺める。ところが、滝の右横に巨大なツララ群ができているではないか。登りのときには全く気付かなかった。
よく見ると、滝釜より高いところからツララがぶら下がっている。どこから水が供給されたのか、不思議だ。こんなものが毎年できていたのだろうか。

3年くらい前まで遡って、過去の写真を調べてみたが、滝しか写していなくて確認できなかった。
軟弱に三頭大滝に戻ったおかげで、思わぬ発見ができた。ラッキーと言うべきかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.12

今年も三頭山(2)

ムシカリ峠から三頭山にいたる笹尾根からは、小枝越しで見えにくいが、富士山がくっきり見え続けていた。
期待が大きく膨らむ。
逸る心を抑えつつ、疲れた身体に鞭打って、さらに登り続ける。
10数年前には、こんなところはアッという間に登ってしまったような気がするのだが、今はそうはいかないのが辛いところだ。


不思議な形をしたブナの木に出会えば、階段をひと登りして、ようやく山頂に到着である。やったぞ!

富士山がとても綺麗に見えている。やっぱり三頭山だ!
(*大きな写真をグラビアでどうぞ)

それにしても山頂は寒い! まずはリュックからヤッケを取り出して羽織るが、それでも寒い。

時刻は11時半、昼時だ。でも、じっとしていると寒くなる上に、手袋を外すと手が痛い。
手袋をはめたままの左手と、スッピンの右手で食事の用意を始めるが、右手が痛くなったら尻のポケットに突っ込む。
こんな動作を繰り返しながら、何とか不器用に食事の用意をして、頂上を歩き回りながら寒さをしのぎつつ、、まずはおかずを先に食べ、次いでおにぎり、そして最後にスープを、という順番で苦労しながら全てを食べきった。食べるのも大変だったが、こういう風にして食べる食事は美味いのだ。(*^。^*)

さて目を転じよう。見えているのは富士山だけではないのだ。

富士山の反対側には奥多摩の山々がくっきり見えていた。
この写真では、中央やや右に鷹ノ巣山が見え、左側に雲取山がちょこんと頭を見せている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も三頭山(1)


ここ何年か、この時期に三頭山に登っているが、今年も昨日(1月11日)登った。
左の写真は森林館を過ぎた所の遊歩道。最後まで雪に覆われていて、結構疲れた。
右の写真は三頭大滝である。まだ完全凍結には遠いが、いずれ全面凍結するのだろう。

さて、ここからが本格的な登りである。

三頭大滝で小休憩した後、いよいよ本格的な登りが始まる。
三頭大滝から三頭沢沿いの路を、何度か川を渡りながら登る。最初に川を渡るところで空のペットボトルに水を補給。傍らにはツララができていた。やっぱり寒いのだ。(ブルッ)
でも、冷たい水が胃にしみて心地よく、とても美味しかった。何やら活力が湧いてくる感じだ。

ここが最初の分岐である。
右上方面へ進むと野鳥観察小屋を経て尾根路へ向い、左奥へ進むとさらに沢沿いに歩くことになる。
どちらもよく歩いているコースだが、今回はいつになく雪が多いことも考え、踏み跡がしっかりついている沢沿いの路を選んだ。

間違いなく寒いのだが、それでも段々全身に汗が滲んできた。

さらに三頭沢沿いの路を歩き続けると、途中にこんな説明板が置かれていた。
沢底も雪で覆われていて、上から眺めてもよく分からないが、この辺りから沢底の水が見えなくなっているらしい。
沢底に厚く溜まった堆積物の下を伏流水となって流れているもののようだ。
さて、さらに沢をしばらく登ると、やがて沢から離れて、山腹斜面をジグザグ進みながら、いよいよ尾根に取りつくことになる。

喘ぎながら登り続けて、ようやく尾根に辿り着いた。これが笹尾根である。
ここが尾根の鞍部になっていて、ムシカリ峠と呼ばれている場所である。
写真の右奥のピークの辺りに三頭山避難小屋が置かれている。目指す三頭山は左手前へ進むことになる。
以前は、ここに着いたら、もう山頂に着いた気分だったが、近年ではここから先もかなりきつい。
もうひと頑張りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.03

初富士その2

昨年11月29日、12月6日に続いて、またも奈良倉山に登った。
家を出るのが遅かったので、山頂に着いたのは11時半に近かった。この時間にしては、富士山がかなりよく見えていた。

大菩薩連嶺(小金沢連峰)が一望できた。
この写真の中央やや左に雁ガ腹摺山が見えている。この山は富士山の展望ポイントとして有名な山で、一度だけ登ったことがあるが、天候が悪くて富士山は見えなかった。もう一度登ってみたい山である。

大菩薩連嶺の最高峰である大菩薩嶺がよく見えている。
この山にも数度登っているが、大菩薩嶺の山頂を踏んだ後の、富士山を見ながらの大菩薩峠への尾根歩きが最高に気分がいい。
そして、右奥に金峰山から北奥千丈岳・国師ヶ岳などの奥秩父の山も何とか見えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

初富士

(東京都瑞穂町”瑞穂ビューパーク”にて)
初富士


(東京都青梅市 塩船観音寺境内の裏山にて)
初富士

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »