« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009.08.31

政権交代

昨日の総選挙は、完全に4年前と逆の結果になった。民主党の圧勝に終わった。これで遂に政権交代が実現する。
とはいえ、政権交代によって日本がどのように変わるのか、全く未知数である。
そして、衆議院では民主党が過半数を大きく上回っているものの、参議院は複雑で、これまでと同様にねじれ現象が続くものと思われる。

このような中、民主党が掲げた選挙公約をどのようにして実現してゆくのか、いや、選挙公約そのものが本当に正しいのか、危うい面も感じる。お手並み拝見、といきたいところだが、今の日本にそんな余裕もなかろう。野に下ることになった自民党のチェック能力も重要である。

(参照資料:東京新聞8月31日夕刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.27

日本は大丈夫

下の資料は東京新聞8月27日夕刊の1面トップ記事の抜粋であり、都内の高校生に訊ねたものであるらしいが、実に冷静で、そして本質を見抜いているように思われる。こちらが恥ずかしくなりそうなくらいだ。(^_^;)

こういうしっかりした若者たちが将来の日本を担ってくれるのなら、日本の将来は大丈夫である。
若者たちによる暗いニュースばかりが報道されて、暗澹たる思いに沈みそうになる昨今であるが、実はしっかりした若者たちも多いことに気付かされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.19

霧中の森林セラピー

8月15日(土)、森林セラピー基地に認定されている檜原都民の森のメインコースである“大滝の路”を歩いて三頭大滝に立ち寄った。(写真左)

この写真は、観漠用に設けられている橋から撮影したものだが、一番下の滝つぼはこの写真よりずっと下にあって、どうしても一度に全体を撮影することができない。

滝をしばし鑑賞した後、三頭沢を遡行し、途中のテラスから野鳥観察小屋の方面に向かい、そこから引き返した。
この日は終始、右の写真のように霧に覆われて、肌寒いくらいの涼しさで、快適な森林歩きであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.17

松井(稼)が通算2000本

(参照資料:東京新聞8月17日夕刊)

日米通算2000本安打まであと1本としていたアストロズの松井(稼)がブルワーズ戦で遊撃内野安打を打って、ようやく2000本に達した。
2000本に近づいてから少々足踏みしていたが、これで遂にやった。この日のために数日前から米国入りしていた元西武監督の東尾修氏に名球会のブレザーを手渡されて、これで名実ともに名選手の仲間入りを果たしたことになる。

マリナーズのイチローがあまりにも凄まじい記録ラッシュを続けているので、少々霞みがちだが、2000本安打はやはり偉大な記録である。
松井選手はまだ33歳だから、まだまだ積み上げてくれるだろう。2500本くらいはいけるのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.13

レンゲショウマ

8月8日(土)、青梅市のシンボルの一つ、御岳山に登ってレンゲショウマを鑑賞した。
登ったと言っても、ロープウェイの滝本駅まで車で行って、山頂駅までロープウェイを利用したので、足では殆ど登っていない。(^_^;)

右の写真は我々が乗ったロープウェイの車両で、顔の部分にレンゲショウマの丸いプレートが貼り付けられていた。


お目当てのレンゲショウマはかなり咲いていて十分見ごたえがあった。でも、蕾の方がはるかに多かったから、まだまだ当分の間楽しめるはずだ。



園内のいたるところに、右の写真のようなクモの巣がいっぱい張られていた。クモたちも今が稼ぎ時(?)なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.08

森林公園-野草コース

8月1日の森林公園の続き。梅林から山ユリの小路に至る途中にある野草コースに立ち寄った。
下の写真は野草コースへの入り口に置かれていた案内板で、8種類の野草が紹介されていた。

フシグロセンノウ(下)とキキョウ(右)。



キツネノカミソリ(下)とナツズイセン(右)。
何故キツネノカミソリなのか、イメージがわかない。(^_^;)



野草コースは、メイン遊歩道途中の入口から少し尾根を歩き、途中で谷に下りて、トンネルを潜って再びメイン遊歩道に戻るコースだが、この花はトンネルの上に咲いていたものである。
少々危ない思いをして、どうにか撮影できた。花はユリの仲間だと思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.07

森林公園-山ユリ

8月1日の森林公園の続き。

みやびの広場から少し登った斜面が梅林になっていて、毎年3月には梅の花で賑わう場所だが、この時期には山ユリが大輪の花を咲かせて、これも人気がある。
森林公園内にはいたるところに山ユリが見られるが、まとまって咲いているのは、この梅林のほか、中央橋を北に少し歩いたところにある「山ユリの小路」である。

さて、この梅林の山ユリは既にピークが過ぎていたようで、大部分は枯れ落ちていた。この写真は何とか残っていたものだが、ツヤを失って今にも枯れそうだ。

梅林はあっさり通り過ぎて、山ユリの小路に向かうことにしよう。
こちらの山ユリは今がピークで、いかにも生き生きとした花を咲かせていた。蕾もまだ多く、まだしばらく楽しめそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.03

武蔵丘陵森林公園-ハス池

8月1日(土)、埼玉県比企郡滑川町にある国営武蔵丘陵森林公園に行った。メインターゲットは山ユリだったが、まずはみやびの広場にあるハス池から。



南口から入って一番右側の遊歩道を歩くと、山田城址、炊飯広場を経てみやびの広場にたどり着く。
ハス池には色とりどりのハスが花を咲かせていて、多くのカメラマンたちが三脚を据えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »