« 吉野梅郷 | トップページ | 別格本山とは? »

2010.03.15

塩船観音寺について


また少し暖かくなってきた。このまま春になるのかな。

さて、青梅市の古刹・塩船観音寺では建設が進められてきた大観音像がほぼ完成し、これに合わせて次のような行事が催されるらしい。


  • 塩船平和観音落慶法要・祝賀会(4月8日)
  • ご本尊記念大開帳・開山八百比丘尼特別拝観同時開催(4月25日~5月5日)

ところで、青梅市のHP(広報おうめ>平成22年>3月15日号>10ページ)を調べたところ、塩船観音寺について下記のような記事が掲載されていた。何やら分かり難い仏教用語が並んでいて、頭が痛くなりそうだ。(^_^;)
中でも、特に“別格本山”という言葉はよく目にしているのだが、これまでその意味がさっぱりわからないままでいた。これについては、少し調べて後日掲載することにしよう。

(以下上記サイトからの引用)





塩船観音寺は、大悲山(だいひざん)と号し、真言宗醍醐派の別格本山です。多くの文化財を有する古刹(こさつ)で、ツツジが咲く季節には、青梅市内外から多くの人が訪れる花の寺です。
寺伝によると大化年間(645~650)に伝説上の女性である若狭の八百比丘尼(はっぴゃくびくに)が、関東に遍歴した際に紫金の千手観音像を奉安したことに始まります。天平年間(729~749)に僧行基が堂宇を再興し、周辺の地形が舟形に似ていたため、仏が衆生(しゅじょう)を済度(さいど)する「弘誓(ぐぜい)の船」になぞらえて塩船と名付けたといわれます。貞観年間(859~877)には、比叡山の僧安然(あんねん)が本堂、仁王門、阿弥陀堂など十二の坊舎を建立し寺運隆盛を極めました。
観音寺の仁王門(国重要文化財)をくぐると、正面に阿弥陀堂(国重要文化財)が有ります。この阿弥陀堂の本尊は、阿弥陀三尊像です。左脇侍(向かって右側)の観音菩薩立像が平成17年に市の有形文化財に指定されています。
この観音菩薩立像は、鎌倉時代中期の制作で、大仏師法眼快勢らによって造立されたものと考えられています。中尊の阿弥陀如来坐像は江戸時代、右脇侍の勢至菩薩立像は室町時代後期の製作です。
観音菩薩立像は、像高112・2cm、ヒノキ材寄木造り、玉眼、肉身部漆箔、衣部古色塗りです。腰を左にひねって立ち、曲げた左手に蓮華を持ち、右手は垂らし全指を伸ばしています。台座下框(したかまち)底面に元禄16年(1703)に記された修理墨書銘が有り、観音寺の諸像と共に、現在に至るまで維持されて来た過程を示す貴重な資料となっています。
観音寺へは、河辺駅よりバスにて「塩船観音入口」下車、徒歩5分程度です。

|

« 吉野梅郷 | トップページ | 別格本山とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/47816906

この記事へのトラックバック一覧です: 塩船観音寺について:

» ひこにゃん [ひこにゃんを訪ねて]
大仏には負けたくない。ひこにゃん [続きを読む]

受信: 2010.03.16 10:04

« 吉野梅郷 | トップページ | 別格本山とは? »