« 大相撲夏場所の番付 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園2 »

2010.04.28

小沢さん“起訴相当”

小沢さんの資金管理団体である「陸山会」の土地取引を巡る事件は、検察が先に不起訴を決定していたが、これに対して検察審査会は“起訴相当”を議決した。鳩山さんの場合は、同じ検察審査会で“不起訴相当”を議決していたが、小沢さんに対しては、検察の先の不起訴決定に対して「再捜査せよ」と差し戻した形である。鳩山さんと小沢さんの二人に対する議決の違いは何なのか、そして小沢さんに対する今回の議決が果たして本当によかったのかどうか、素人の小生には全く分からない。
検察審査会の議決は、いわば民意を反映した結果と言えるが、民意はあくまで素人の目であって、プロの捜査→裁判の結果に素人の民意が影響してよいものか、魔女裁判のような何やら危険なにおいを感じるのである。


そして、鳩山さんにしても小沢さんにしても、世論は“有罪か無罪か”だけが注目されているように見えるが、政治家が作った法律には幾つもの抜け道が用意されているのであって、抜け道を巧みに利用した手口を有罪に追い込むことは困難なのだろうと思う。
大事なことは政治家の倫理であって、
 --- 政党助成金を等しく受けている政治家個人がそれ以上の金を受け取らない ---
ことなのであり、巨額の資金を受け取っている二人はそれだけで既に政治家失格である。一日も早く議員辞職されることを望む次第である。


(下の資料は東京新聞4月28日朝刊1面よりの抜粋である)

|

« 大相撲夏場所の番付 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/48203442

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さん“起訴相当”:

« 大相撲夏場所の番付 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園2 »