« あしがくぼ山の花道 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園 »

2010.04.21

やっぱり電気自動車?

(右の資料はJAF Mate5月号35頁による)

3月24日投稿の“電気自動車の時代が来るのか”では4月号の記事について触れたのだが、結局ところ小生の疑問を取り上げただけだった。


右の図によれば、CO2 の排出量はガソリン車が最も多く、電気自動車が最も少ない、という結果になっているが、本当にそうなのだろうか。
右図の電気自動車のCO2 は、火力発電のほかに、原子力発電や太陽光発電、あるいは風力発電などを含めた全ての発電の平均値のようであり、この点について考える必要がありそうだ。もし電気自動車が急速に普及したとき、原子力発電や太陽光発電、あるいは風力発電が電気の急速な需要増に追随できるのだろうか。追随できなければ、結局のところ火力発電に依存することになるのであり、実際のCO2 排出量は上の図よりかなり多くなるように思えるのだが...。


何れにしても、ガソリン車のような内燃エンジンはエネルギー効率がすこぶる悪そうなので、電気自動車はやっぱり必然の流れなのかな?

|

« あしがくぼ山の花道 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/48147264

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり電気自動車?:

« あしがくぼ山の花道 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園 »