« 遼クンがギネスに | トップページ | セ・パ交流戦前半を終えて »

2010.05.23

普天間、結局現行計画のまま

鳩山さんが“最低でも県外”を全国民に向けて公約していた普天間飛行場移設問題は結局、現行計画のままで終わりそうだ。日米両政府が昨日、外務・防衛担当の実務者協議を行い、大筋で次のように合意したという。
 ・移設先をキャンプシュワブ沿岸部とする
 ・詳細な計画を今秋までに作成する


鳩山さんは、これで“5月決着”の約束を果たしたと言うつもりなのだろうか。完全な詐欺である。現行計画は自民党政権時代に長い時間をかけて日米両政府が議論し合意したものであって、その善悪はともかくとして、それを見直すのであれば、また何年もかけて検討を進めなければならない性質のものであり、簡単に見直すことなんてできるはずもなかったのである。


選挙公約は国民に対する約束であり、極めて重いものだ。政権交代して自らが政権を担うことが濃厚な情勢だったにもかかわらず、万年野党時代の無責任な習性が抜けきらないままだったのだろうか。できもしないことを公約して、票集めを狙ったものだろうが、公約を守れなかった罪は重い。この際、衆議院を解散して、衆・参同日選挙を行って国民に信を問うのが筋というものだろう。その上で、金にまみれて説明しようともしない鳩山さんと小沢さんは、もう議員バッジをつけないこともまた筋であろうと思う。

(下の資料は東京新聞5月23日朝刊1面より抜粋)

|

« 遼クンがギネスに | トップページ | セ・パ交流戦前半を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/48439146

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間、結局現行計画のまま:

« 遼クンがギネスに | トップページ | セ・パ交流戦前半を終えて »