« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.31

東海地震は見直しが必要

掲載した参考資料は、東京新聞3月31日朝刊21面の抜粋である。

東日本各地に未曾有の大災害をもたらした3.11の東日本大震災は、かねてより「宮城県沖地震が30年以内に99%の確率で発生する」と予想されていて、もともと起きるべくして起きた、とも言えるものであるらしい。

ところが、この地震で想定していた地震の規模はM7.5で、実際に起きたM9.0は、これまでの地震学の常識では考えられないような、けた外れのものだった。死者数もM7.5の想定地震では300人の想定だったものが、実際にはこれをはるかに超える未曾有のものとなっている。

さてさて、東海地方を襲うとされる東海地震については、30年以内に87%の確率で起きるとされている。地震の規模はM8.7で、宮城県沖地震の想定より遥かに大きい規模が想定され、死者数も2万数千人が想定されている。
しかし、もし東海地方に東日本と同じ規模の地震が起きるとしたならば、いったいどういうことになるのか。これから想定の見直しを行うのだろうが、居住者もこちらの方が6倍くらいになるらしいから、日本中が真っ青になって震え上がるような、凄まじい数字がはじき出されるかも知れない。


さて、これから先、日本はどのようなことになるのか。
まずは、被災者への支援と被災地の復興に向けて全力を傾けなければならない。これだけでも気の遠くなるような大変な事業であるが、これから先いつ起きても不思議ではない東海地震にどのように備えるのか、日本はいま、正しく大変な国難を迎えてしまった。


(今日の歩数 8500歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.30

二日酔い

昨日、かつての部下だった男が我が家を訪ねてくれて、昔話に大いに盛り上がって、深夜まで呑み続けてしまった。久しぶりの再会で、楽しい一夜だったのだが、少々過ごしてしまって、今日は久しぶりの二日酔いである。

糖尿病を治療中の身とあって、普段はあまり呑み過ぎないようにしているので、二日酔いとは無縁の日々が続いていたのだが、昨日は特別なのだ。結果、しばらくぶりに禁を破ってしまった(-_-;)。

というわけで、今日は一日中家に中にこもって、おとなしくしていた。たまには、こういう日があってもいい、ということにしておこう。(^^ゞ



(歩数記録)
 昨日 11370歩
 今日 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.28

納豆がない

東北太平洋沖大地震が発生してからスーパーの棚に“納豆がない”日々が続いている。小生宅では、朝食にほぼ必ず納豆が食卓に添えられているのだが、ないものは仕方がない、ということで納豆食わない日々が続いていた。

ところが、いつの日からか、スーパーの開店10時には少しだけ棚に置かれていることに気がついた。そんなわけで過日、開店に合わせてスーパーに赴いて、納豆1パック他2品目を購入した、つもりだった。ところがである、家に帰ってバッグを開けると、何んと“納豆がない”ではないか。いくら捜しても、どこにもない。どうやら、スーパーでレジを済ました後、バッグに入れるときに置き忘れたらしい。ウーン、残念!(;一_一)

というわけで昨日、再度スーパーで納豆を買って、今度は無事に我が家に持ち帰ることができた。納豆がなくても致命的に困るわけでもないので、特に慌てることもなかったのだが、久しぶりに納豆を食べて、“やっぱり納豆”なのだ。(^O^)/

(今日の歩数 8530歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.27

福島原発の情報

福島第一原発は相変わらず極めて緊迫した状態が続いているが、いったい、何時になったら安心させてもらえるのだろうか。こうした中、地階の床に溜まっている水が極めて高濃度に汚染されていることが、新たに明らかになり、復旧作業が難航している。

こうした問題などで、東電と原子力安全・保安院の記者会見が連日行われているが、両者とも、報道陣の質問に対して、「確認して改めてお答えします」を連発して、聴いていていらいらすることが多いのだ。記者会見を見ていると、報道陣の質問にこの場で情報を開示していいものか、迷っているような印象を受けることが多く、何か隠しているように見えるのである。小生としては、情報の捏造とか、隠蔽などはしていないと思っているのだが、残念ながら、“出し遅れ”はあるようだ。

こうした状況を受けて、枝野官房長官は、情報開示が遅れていることを認め、早期開示するべく施策を講じると発言しているが、小生としては問題の本質は別のところにあると感じている。
小生としては、放射線の測定を事業者である東電に任せきりにしていることこそが大問題であると感じているのである。このような重要な測定は、公明性を確保することが大事なのであり、第三者が有無を言わせず行うべきであると考える。現在の日本の体制から見れば、これをやるのは原子力安全・保安院であると確信している。

ところが、原子力安全・保安院は被災後、現地に行っているとは思えないのである。彼らこそが、被災が明らかになった直後に、直ちに現地に赴いて現地を視察し、必要な測定を行って、事態を正しく把握し、適切な指導を行うべきだったのではないだろうか。こういう非常事態にそれができないのなら、高い税金を使って、この組織を維持する必要があるのだろうか。

(今日の歩数 11570歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.26

自主避難

依然として深刻な危機状態を脱することができないでいる福島第一原発だが、既に避難指示が出されている20km圏内に加えて、屋内退避を指示されていた20~30km圏内にも自主避難の指示が出された。

国のこうした指示を受けて、当該の地方自治体は無線放送などの手段で自主避難を呼び掛けているが、現地の人たちの間には途惑いがあって、まだまだ相当数の人たちが圏内に残っている模様だ。
さて、自主避難とはどういうことなのか、小生はその具体的な内容を全く把握していないのだが、まさか夫々自分で避難先を探して脱出しなさい、などということではなかろう。そもそも原発の建設にあたって、国は“絶対安全”を地元住民に約束したはずで、今回のように、避難を求めなければならない“万が一”の事態が発生したなら、その責任は全面的に国が負わなければならないのは当然である。とはいえ、どこまで補償できるのだろうか。中には、多くの家畜を抱えた酪農家もいるし、病気を持ったお年寄りもいるだろう。簡単には離れられない多くの人たちがいるわけで、困惑するのも当然だろう。

(歩数記録)
 昨日  9620歩
 今日 10700歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.25

東京の水も汚染?

右の資料は東京新聞3月24日朝刊3面の記事の抜粋である。

一昨日、東京の金町浄水場で乳児の指導値を超える放射性ヨウ素が検出された。
東京都では、福島原発からの放射線が原因であることは間違いないが、どのような経路で金町浄水場の水道水が汚染されたのかは分からない、としていた。

小生はこのニュースに接して、主に藤原ダムなどの利根川水系の源流域が汚染されたのではないかと思っていた。もしそうであるなら、多摩川流域の小作浄水場から給水されている小生宅の地域は大丈夫だろう、と思っていたのである。

果たしてどうなのか、実際の汚染の真相はまだ分からないが、幸い、昨日は指導値を下回ったことが発表され、とりあえずホッとしているところである。

(昨日の歩数 8840歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.23

想定されなかった大津波

下の資料は東京新聞3月23日朝刊3面の抜粋である。

この記事の元社員は、M9.0の大地震や、その他起こりうる様々な障害要因を検証して、会社の上層部に報告していたらしいが、実際には想定した色々な事故がどんどん外されていって、現在の発電所が建設されたもののようだ。

当時から数十年を経過した現在の東電の上層部が、当時の甘い体質をそのまま残していることはあるまいと思うが、副社長以下のメンバーによる連日の記者会見を聴いていると、もしかしたら殆ど変わっていないのでは、と疑いをもちたくもなる。
少なくとも、今回の震災で高さ10数mの大津波に見舞われたことに対して、設計では5.5mしか想定していなかったらしいから、東電のみならず、原子力安全・保安院や原子力安全委員会の大きな落ち度であることは間違いないだろう。

(今日の歩数 10440歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.22

停電下の交差点

東京電力による計画停電は、昨日までの連休中は実施が避けられたのだが、今日は再び実施された。当地域では、3時半頃から6時半頃までの約3時間停電した。

停電が始まって間もない時間帯はまだ明るいのだが、テレビもつかないし、家の中にじっとしていると結構寒い。というわけで、外へ出て少しだけ歩くことにした。もう少し歩きたかったのだが、今にも雨が降りそうな空模様だったので、家からあまり遠くへ離れない程度に歩いた。

右の写真は、歩いている途中の交差点の一風景で、青・黄・赤の信号機が点灯していないので、お巡りさんが3人で交通整理をしていた。
この光景を見て小生の幼少の頃を思い出した。当時は交差点に信号機がなく、交通量の多い交差点では、交差点の中央に台を置いて、お巡りさんが台の上に乗って一人で交通整理をしていた。これが中々さばきが上手で、そして何より格好良かった。
対して現代では、信号機があるのが当たり前で、お巡りさんが交通整理をする光景は殆ど見られなくなって久しいこともあって、3人でやってもさばきがあまり上手ではない感じである。やっぱり昔のお巡りさんの方が格好良かったなあ。((+_+))

(今日の歩数 4200歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.21

昭和記念公園3

3月10日に歩いた昭和記念公園の続き。

こもれびの丘から下りて、こもれびの里を左に見て歩を進め、大きく右に曲がって日本庭園に向かう。

日本庭園に入って、園内中央にある大きな池の畔を時計回りに一周する。右の写真の中央にある木には、冬になると雪吊りが施されているのだが、この日はなかった。もう取り外されたのか、あるいは取りつけなかったのか。

池の中に亀の形に仕立てた小さな島が造られている。右の写真では見にくいが、この亀の目線(?)の先にある小さな岩には本物の亀が乗っかっていた。お互いに仲間と思っているのかな。(^^ゞ

この後、子どもの森に入ってから、みんなの原っぱの西側から南側へと周り、花木園に向かった。花木園を一回りして、水鳥の池を周って、みんなの原っぱの真ん中を横断して砂川口へ戻った。

(今日の歩数 1220歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.20

昭和記念公園2

3月10日に国営昭和記念公園を歩いたのだが、翌日の11日午後、我が国史上最大のとんでもない大地震が発生して、記事の書き込みが大きく狂ってしまった。遅ればせながら、続きを書きとめておきたい。

こもれびの池を奥へと進んだところにセツブンソウが植えられている。
セツブンソウは本来は石灰岩質の山に自生しているもので、これに少しでも近い環境に仕立てているのだろうか、今年もしっかり花を咲かせてくれた。

こもれびの池からこもれびの丘へと歩を進める。
ここにこの公園で一番標高の高い山(?)が築かれていて、天気の良い日なら富士山が見える。この日は好天に恵まれて、富士山がばっちり見えていた。

今日の歩数 1220歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.19

吉野梅郷満開

今日も計画停電の実施が予定されていた中、吉野梅郷に出かけた。停電は結局避けられたようだ。

青梅線日向和田駅で下車するのが普通なのだが、今日は二つ先の二俣尾駅で下車して、ここから歩いた。今日は土曜日でもあり、梅はちょうど見頃のはずなのに、電車はガラガラで、現地でも人はまばら状態だった。福島原発からの放射線を気にしたのか、それとも計画停電のアナウンスのせいだろうか。或いは両方がダブルで影響したのかも知れない。
梅たちが一生懸命満開になって頑張ってくれているのに、これでは可哀そうだ。(+_+)

(今日の歩数 11790歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.18

計画停電

東北地方太平洋沖大地震の影響で、東京電力管内の発電所が何箇所か被害を受けて電気の供給量が大幅に低下しているため、いま東京電力は“計画停電”なるものを実施している。小生にとっては初めて目にした言葉で、どんなやり方をするのか分からなかったのだが、テレビで何度か説明を聞いているうちにようやく飲み込めてきた。管内を五つのグループに分けて、需給のバランスを見ながら、グループ単位で停電を実施するというものである。
何しろ初めての経験なので、ある程度の混乱はやむを得ないのだが、東電が計画停電の実施をアナウンスしてから、「何んとか実施しないで済みそうです」と発表した後、「やっぱり実施します」と発表したり、「皆様の節電のおかげで実施しないで済みそうです」などと発表が二転三転して、多くの批判が寄せられたようだ。

小生の住む地域は第3グループになっていて、今日まで既に4回の停電が行われている。
1回目は午前6時20分から10時までだったが、我が家の地域は停電がなく、実害はなかった。
2回目は午後6時20分から10時までで、6時前に夕飯を済ませて、その後は何もできないので布団にもぐってしまった。
3回目は午後3時20分から7時までで、蝋燭の明かりで夕食を済ませてから間もなく、ぱっと明るくなった。電気の有難さを改めて感じた。
4回目の今日は午後0時20分から4時までで、停電が実施されていたのだが、地元の自治会館で囲碁の会の集まりで碁を打っていた。少し寒かった程度で実害はあまりなかった。

さて、東電の計画停電に関して色々と批判はあるようだが、これは予測不能の大規模停電を避けるための措置であることを考えれば、やむを得ない手段だろうと思う。二転三転のアナウンスについても、利用者たちに節電の必要性を認識させる大きな効果があったものと理解している。小生も部屋の中でスキーウエアを着るなどして、エアコンをあまり使わないようにしているが、日本が大変な危機に直面しているいま、この程度の我慢は当然のことだろうと思う。

歩数記録
 3月17日 11580歩
 3月18日 12770歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.17

原子力安全・保安院とは?

3月11日に起きた東北地方太平洋沖大地震による災害の全貌が次第に明らかになりつつあり、被災地はもとより、その影響が日本全体に及ぶ大変な事態になっている。

これに追い打ちをかけるように、被災を受けた福島第一・第二原発が極めて危険な事態に直面している。こうした中、原子力安全・保安院が連日記者会見で事態の説明を行っているが、これがどうにも要領を得ない。初めのうちは、例によって隠蔽体質から事実を隠そうとしているのかなと疑っていたのだが、どうもそうではないようだ。
彼らの説明を聞いていると、「・・・・と東電が言っている」とか、「その件はまだ我々に情報が入っていない」とか、「いま検討中です」とか、どうにも訳の分からない、しどろもどろの説明である。要するに、彼らは隠しているのではなく、事態を把握していない様子なのだ。失礼ながら、当事者能力がないと言わざるを得ない。実に情けない。この緊迫した事態の中でこそ、彼らは事態を正しく把握し、適切なアドバイスを東電や政府に進言する立場であるべきなのだ。これができないのであれば、存在価値があるのだろうか。

というわけで、“原子力安全・保安院”のHPを訪ねてみた。その中で、彼らの行動規範に関して下のような文章が掲げられていた。
・本当に、「強い使命感」に基づいて緊張感をもって業務を行っているの?
・本当に、安全・保安行政の専門家として現場の実態を正確に把握し、「科学的・合理的な判断」のもとに行動しているの?
と問いたい。

  ---以下は「原子力安全・保安院」のHPより引用--

NISAは、エネルギー施設や産業活動の安全を守り、万一の事態に的確に対応するため、「強い使命感」「科学的・合理的な判断」「業務執行の透明性」「中立性・公正性」の四つを行動規範としています。

第一に「強い使命感」に基づき緊張感を持って業務を遂行します。

第二に、安全・保安行政の専門家として現場の実態を正確に把握し、「科学的・合理的な判断」のもとに行動します。

第三に、国民の皆様の信頼と安心感を得るため「業務執行の透明性」の確保に努めます。情報公開に積極的に取り組み、自らの判断について説明責任を果たしていくことを重視します。

第四に、「中立性・公正性」を大前提として安全・保安行政を遂行します。

国民の皆様の暮らしを支えるエネルギーの安全や産業の保安をより確かなものとするために、私たちはこれら基本的な行動規範に基づいて、職務を遂行してまいります。

ここ数日の歩数記録
 3月11日  3910歩
 3月12日  1670歩
 3月13日  3150歩
 3月14日   640歩
 3月15日  5950歩
 3月16日 10370歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.12

東北地方太平洋沖地震

昨日午後1時から、地元の自治会館で囲碁の会の集まりがあって碁を打っていた。3時前だっただろうか、突然ゆらゆら揺れ出して、中々止まらない。それどころか、段々揺れが大きくなってきたので、みんなで慌てて外へ飛び出した。
外へ出ても地面の揺れが中々止まらない。駐車場の車の中にひと組の初老の夫婦が乗っていて、茫然としていた。この車のテレビを見せてもらい、震源地は三陸沖で、宮城県で震度7、東京でも震度5強と報じられていた。この情報を得て、これはとんでもない規模の地震であることを直感した。
4時過ぎに我が家に戻ってみると、小生の書斎のテーブルに置いてあったパソコンの液晶モニタが床に逆さまになって落下していた。やはり相当な揺れだったのだ。これだけの激しい揺れに遭遇したのは何十年ぶりだろうか。

その後テレビにかじりついて、刻々報じられる地震の情報を注視する。地震の規模を示すマグニチュードは何度かの修正が重ねられて、最終的には8.8になった。これは関東大震災の7.9よりはるかに大きく、やはりとんでもない規模の地震だったようだ。この地震の影響は津波も含めると、北海道から、東北地方、関東地方、東海地方はもとより、九州、沖縄にまで及んでいる。

地震のマグニチュード8.8は我が国の観測史上最大とのことである。被害の実態はまだまだ全貌が明らかになっていないものの、空前にして絶後のものになりそうな気配が濃厚である。
いま政府が全力を挙げて救済に乗り出しているが、範囲があまりにも広く、どこで、どんな被害があるのか、その実態を把握することが容易でない上に、被災が確認できた場所でさえも救助が追いつかない状況のようだ。

それにしても、狭い国土に4つものプレートがひしめき合っている日本は、世界にも類例のない、あまりにも過酷な宿命を背負わされている大変な国である。我々日本人は、地震や火山災害とともに暮らしてきた祖先のDNAを受け継いでいるのだろうと思う。この歴史的な大災害を、勇気と知恵をもって何んとか乗り切っていかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.11

昭和記念公園1

昨日は東京都立川市にある国営昭和記念公園を歩いた。
例によって砂川口から入場。この日は平日ということもあって、広い駐車場はガラガラ。先客の車は数台程度だっただろうか。

右の写真はゲート前にあったサンシュユ。満開である。

早速入場して、まずは喫煙所で一服。

一服の後いよいよ歩き始める。右の写真は歩き始めて間もないところで出会う一風景で、満開の梅とその奥がこもれびの池。

(歩数記録
 3月10日 9580歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.09

吉野梅郷

東京都青梅市の吉野梅郷の梅の花の様子を見に出かけた。

青梅線の最寄りの駅から奥多摩方面に向かい、日向和田駅で下車。ここから歩いて梅の公園に直行。

ここ吉野梅郷は、もともとは梅の栽培畑がメインだったと思われるが、民家が増えてかつての面影が失われつつあるようだ。その一方で、梅の公園が段々広げられて、今では公園の方がメインになっているように思われる。

さて梅の公園内の梅は、赤い花はほぼ満開状態だったが、白い方は5分咲きくらいだろうか。
園内を大きく一回りした後公園を出て、お店でざる蕎麦とワンカップを注文して昼食休憩。
休憩の後、梅郷内の梅を眺めながら二俣尾駅方面へ向かう。

右の写真は公園を出て間もないところで出会った“鎌倉の梅”という名の梅である。この梅に説明板が置かれていて、以下のような説明が書かれていた。

吉野梅郷の近くには、かつて秩父と鎌倉を結んだ「旧鎌倉街道」があり、この鎌倉街道沿いにひときわ大きな梅の木があり、その枝ぶりはそれは見事なものであったと伝えられております。「春」には真っ白な花を咲かせ、「夏」には青い実をたわわに実らせ、「秋」には晩秋まで紅葉が美しく、「冬」には積もった雪によりまるで満開の頃の花を思わせ、一年を通して人々の目を楽しませいたとのことです。この街道を往来を人々に親しまれ、また憩の場所として地元の人々から愛され、いつの頃からか「鎌倉の梅」と呼ばれるようになりました。現在、樹齢400年以上と言われております・昭和50年代前半に台風の被害を受けましたが、この場所に移植され、現在も年輪を刻み続けております。

(歩数記録
 3月8日   940歩
 3月9日 10390歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.07

まだまだ寒い

今日は埼玉県毛呂山町にある埼玉医科大学国際医療センターに所用があって出かけたのだが、早朝の雨から日中は雨に変わってすこぶる寒かった。昨日の天気予報では、今日は“雨”だったはずだが、低気圧に寒気が流れ込んで“雪”に変わったらしい。予報が少し外れたかな。
明日は日中に少し暖かくなるようだが、春までにはもう少しの辛抱が必要のようだ。

(今日の歩数 1320歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前原外相が辞任

前原外相の政治団体が2008年以降、在日外国人女性から、年5万円ずつ計25万円の政治献金を受けていたことが発覚し、前原さんは昨日外相を辞任した。このことが政治資金規正法に違反するらしいが、金額も小さく、前原さん自身が知らなかったとしても無理からぬことと思われる。まあ、微罪と言ってよいだろう。

“次期首相候補の呼び声が高い前原さんとしては、自身の傷を最小限に抑えたかったのだろう”、という声もあるようだが、一応潔い辞任と言っておこう。
しかし、これで菅政権はいよいよ絶体絶命の窮地に陥ってしまった。小泉さんの後、1年くらいで首相がころころ変わるという状態が続いているが、これでは外国から相手にされない。何んとか踏ん張って欲しいものだが、無理だろうなあ。実に困ったことである。

(歩数記録
  3月4日 1110歩
  3月5日 9720歩
  3月6日 7850歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.03

ケータイカンニング

京都大学など4大学の入試問題がインターネットの質問サイトに投稿された問題で、ここ数日大騒ぎになっていたが、今日、仙台市の19歳の男子予備校生が偽計業務妨害容疑で逮捕された。これでこの問題も一気に収束に向かうのだろうか。

さて、この問題が発覚した当初は、問題を作った側が入試問題をリークしたのかと思っていたのだが、そうではなかった。どうやら受験生の独り舞台だったようだ。受験現場で問題をコピー→質問サイトに投稿→回答を受け取って用紙に書き込む。要するにケータイを使ったカンニングである。

それにしても、この若者は問題が発覚してからというもの、連日大々的に報道されて、じわじわと追い詰められて、生きた心地がしなかっただろう。もう充分に制裁を受けたのではなかろうか。小生としては、この若者の将来がちと心配である。

(昨日:3800歩、今日:14860歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.02

越生梅林

埼玉県毛呂山町の親戚宅に一泊した翌27日、車2台を走らせて越生梅林に向かった。
この梅林は梅の栽培畑を観光用に開放しているもので、ほぼ見頃で梅祭りが行われていることもあって、臨時に設けられていた駐車場もほぼ満車で、かなり混雑していた。

(昨日の歩数は4830歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.01

埼玉県毛呂山町

2月26、27日は埼玉県毛呂山町の親戚宅に法事のために赴いた。親戚宅周辺には梅畑が多く、ほぼ満開の花が迎えてくれた。
26日は法事を済ました後、親戚宅で久しぶりに集まった義兄弟たちと酒を酌み交わしながら楽しい一夜を過ごした。

歩数記録
  2月26日  6240歩
  2月27日  2700歩
  2月28日   350歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »