« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 計画停電 »

2011.03.17

原子力安全・保安院とは?

3月11日に起きた東北地方太平洋沖大地震による災害の全貌が次第に明らかになりつつあり、被災地はもとより、その影響が日本全体に及ぶ大変な事態になっている。

これに追い打ちをかけるように、被災を受けた福島第一・第二原発が極めて危険な事態に直面している。こうした中、原子力安全・保安院が連日記者会見で事態の説明を行っているが、これがどうにも要領を得ない。初めのうちは、例によって隠蔽体質から事実を隠そうとしているのかなと疑っていたのだが、どうもそうではないようだ。
彼らの説明を聞いていると、「・・・・と東電が言っている」とか、「その件はまだ我々に情報が入っていない」とか、「いま検討中です」とか、どうにも訳の分からない、しどろもどろの説明である。要するに、彼らは隠しているのではなく、事態を把握していない様子なのだ。失礼ながら、当事者能力がないと言わざるを得ない。実に情けない。この緊迫した事態の中でこそ、彼らは事態を正しく把握し、適切なアドバイスを東電や政府に進言する立場であるべきなのだ。これができないのであれば、存在価値があるのだろうか。

というわけで、“原子力安全・保安院”のHPを訪ねてみた。その中で、彼らの行動規範に関して下のような文章が掲げられていた。
・本当に、「強い使命感」に基づいて緊張感をもって業務を行っているの?
・本当に、安全・保安行政の専門家として現場の実態を正確に把握し、「科学的・合理的な判断」のもとに行動しているの?
と問いたい。

  ---以下は「原子力安全・保安院」のHPより引用--

NISAは、エネルギー施設や産業活動の安全を守り、万一の事態に的確に対応するため、「強い使命感」「科学的・合理的な判断」「業務執行の透明性」「中立性・公正性」の四つを行動規範としています。

第一に「強い使命感」に基づき緊張感を持って業務を遂行します。

第二に、安全・保安行政の専門家として現場の実態を正確に把握し、「科学的・合理的な判断」のもとに行動します。

第三に、国民の皆様の信頼と安心感を得るため「業務執行の透明性」の確保に努めます。情報公開に積極的に取り組み、自らの判断について説明責任を果たしていくことを重視します。

第四に、「中立性・公正性」を大前提として安全・保安行政を遂行します。

国民の皆様の暮らしを支えるエネルギーの安全や産業の保安をより確かなものとするために、私たちはこれら基本的な行動規範に基づいて、職務を遂行してまいります。

ここ数日の歩数記録
 3月11日  3910歩
 3月12日  1670歩
 3月13日  3150歩
 3月14日   640歩
 3月15日  5950歩
 3月16日 10370歩

|

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 計画停電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/51142702

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力安全・保安院とは?:

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 計画停電 »