« 自主避難 | トップページ | 納豆がない »

2011.03.27

福島原発の情報

福島第一原発は相変わらず極めて緊迫した状態が続いているが、いったい、何時になったら安心させてもらえるのだろうか。こうした中、地階の床に溜まっている水が極めて高濃度に汚染されていることが、新たに明らかになり、復旧作業が難航している。

こうした問題などで、東電と原子力安全・保安院の記者会見が連日行われているが、両者とも、報道陣の質問に対して、「確認して改めてお答えします」を連発して、聴いていていらいらすることが多いのだ。記者会見を見ていると、報道陣の質問にこの場で情報を開示していいものか、迷っているような印象を受けることが多く、何か隠しているように見えるのである。小生としては、情報の捏造とか、隠蔽などはしていないと思っているのだが、残念ながら、“出し遅れ”はあるようだ。

こうした状況を受けて、枝野官房長官は、情報開示が遅れていることを認め、早期開示するべく施策を講じると発言しているが、小生としては問題の本質は別のところにあると感じている。
小生としては、放射線の測定を事業者である東電に任せきりにしていることこそが大問題であると感じているのである。このような重要な測定は、公明性を確保することが大事なのであり、第三者が有無を言わせず行うべきであると考える。現在の日本の体制から見れば、これをやるのは原子力安全・保安院であると確信している。

ところが、原子力安全・保安院は被災後、現地に行っているとは思えないのである。彼らこそが、被災が明らかになった直後に、直ちに現地に赴いて現地を視察し、必要な測定を行って、事態を正しく把握し、適切な指導を行うべきだったのではないだろうか。こういう非常事態にそれができないのなら、高い税金を使って、この組織を維持する必要があるのだろうか。

(今日の歩数 11570歩)

|

« 自主避難 | トップページ | 納豆がない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/51232636

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の情報:

« 自主避難 | トップページ | 納豆がない »