« 停電下の交差点 | トップページ | 東京の水も汚染? »

2011.03.23

想定されなかった大津波

下の資料は東京新聞3月23日朝刊3面の抜粋である。

この記事の元社員は、M9.0の大地震や、その他起こりうる様々な障害要因を検証して、会社の上層部に報告していたらしいが、実際には想定した色々な事故がどんどん外されていって、現在の発電所が建設されたもののようだ。

当時から数十年を経過した現在の東電の上層部が、当時の甘い体質をそのまま残していることはあるまいと思うが、副社長以下のメンバーによる連日の記者会見を聴いていると、もしかしたら殆ど変わっていないのでは、と疑いをもちたくもなる。
少なくとも、今回の震災で高さ10数mの大津波に見舞われたことに対して、設計では5.5mしか想定していなかったらしいから、東電のみならず、原子力安全・保安院や原子力安全委員会の大きな落ち度であることは間違いないだろう。

(今日の歩数 10440歩)

|

« 停電下の交差点 | トップページ | 東京の水も汚染? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/51195954

この記事へのトラックバック一覧です: 想定されなかった大津波:

« 停電下の交差点 | トップページ | 東京の水も汚染? »