« 東海地震は見直しが必要 | トップページ | 23人を角界追放 »

2011.04.01

大連立?

無知・無能をさらけ出して降板した鳩山さんに変わって登場した菅さんは、鳩山さんよりはましだが、菅さん自身や閣僚たちの力不足は否めない印象を受けていた。そうした中、閣僚の要の一人である前原外相が外国人からの政治献金で辞任に追いやられたと思いきや、今度は菅さん自身にも同じ問題が浮上して、菅内閣もいよいよ接待絶命かなと思っていた。

ところが、その直後の3月11日、M9.0という信じられないような規模の東北太平洋沖地震が発生して、東日本が未曾有の大災害に見舞われた。この結果、いま与野党を問わず、この歴史的大災害に取り組まなくてはならない情勢となって、菅政権はとりあえず“首がつながった”状態になったかに見えた。

ところが、またまた“ところが”なのだ。
実は、大震災発生後に、菅さんから自民党の谷垣総裁に副総理格での入閣を要請していて、谷垣さんがこれを断った、といういきさつがあって、この問題も沙汰やみになったのかなと思っていたのである。
ところが、である。今度は“谷垣総理”を含め、主要閣僚に自民党から何人かを起用する案が民主党から自民党に示されて、自民党はこれを慎重に検討しているというのである。

さて、さて、この問題には民主党にも自民党にも、それぞれ賛否朗論、慎重論があって、こんなことが簡単に実現するとは思えないが、大連立が国難を救う転機となるのなら、結構なことであるのかも知れない。もともと自民党も民主党も、政治的にはあまりにも考えの幅が広すぎる人たちの集まりだったのだから、政界の再編成が必要と思っていた。大連立を実現し、その上で淘汰が進み、結果的に政界再編成が行われるのなら、大いに結構なことと思われる。



(今日の歩数 6130歩)

|

« 東海地震は見直しが必要 | トップページ | 23人を角界追放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/51273714

この記事へのトラックバック一覧です: 大連立?:

« 東海地震は見直しが必要 | トップページ | 23人を角界追放 »