« 亀田三男に期待する | トップページ | 菅さんが続投 »

2011.05.31

君が代斉唱時に起立命令は合憲

右の資料は東京新聞5月31日朝刊1面の記事の抜粋である。

学校の卒業式で定番となっている君が代の斉唱時に、教職員に起立するよう求めた校長の職務命令が、憲法19条の「思想・良心の自由」に反するかどうかが争われていた上告審判決で、最高裁は合憲の判断を示した。右の資料はその判決の骨子である。
小生は法律問題に詳しくないので、あまり偉そうなことを言えた立場ではないが、判決の内容は何やら言い訳がましい印象を受ける。国旗や国歌は日本という国のシンボルなのであって、これを否定するなら、日本国を否定するに等しい。国旗や国歌を否定する人たちに、将来の日本を担うべき子どもたちを教育して欲しくない、というのが小生の素直な感想である。
そもそも、争点がずれていたのではないか。小生はこの種の問題を裁判で争うこと自体に強い違和感を感じるのである。もし裁判で争うなら、国旗や国歌を否定する人たちが教育者として相応しいのかどうか、この点を正々堂々と争って欲しかったと思う。


(歩数記録)
 5月30日 2590歩
 5月31日 5830歩

|

« 亀田三男に期待する | トップページ | 菅さんが続投 »

コメント

我が国の序列体制の美しさは、教育勅語の中で語られている。

我が臣民は忠と孝の道をもって万民が心を一つにし、世々にわたってその美をなしていきましたが、これこそわが国体の誉れであり、教育の根源もまたその中にあります。
(我カ臣民克ク忠ニ克孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス: ワがシンミン ヨくチュウに ヨくコウに オクチョウココロをイツにして ヨヨソのビをナせるは コれワがコクタイのセイカにして キョウイクのエンゲン マタジツにココにソンす )


忠:  主君に専心つくそうとするまごころ。
孝:  よく父母に仕える。父母を大切にする。
国体:  主権のありかたにより区別される国家の形態


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

投稿: noga | 2011.06.01 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/51818607

この記事へのトラックバック一覧です: 君が代斉唱時に起立命令は合憲:

« 亀田三男に期待する | トップページ | 菅さんが続投 »