« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.28

サマーランドのアジサイ園

今日はやたらに暑かったが、東京サマーランドの奥山に隣接しているアジサイ園に行った。

右の図は園内に置いてあったパンフレットの抜粋である。
新聞のチラシに入っていた割引券で入園料金500円を400円で入園し、右図の一番下から順路に従ってどんどん登っていくと、やがて“アナベルの雪山”に辿りつく(下の写真)。
ここへは6月16日にも入っているが(こちら)、その時は全く咲いていなくて空振りだった。今日はそのリベンジというわけだが、12日間で見事に変身していた。これだけ咲いてくれれば文句はない。それにしても暑かったなあ。(^^ゞ


(今日の歩数 6230歩)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

吹上菖蒲公園 三度目の正直

今日は朝から霧雨模様が続いていたが、昼過ぎになって雨が止んだので、我が家から吹上菖蒲公園→塩船観音寺へと歩いた。

吹上菖蒲園へは、5月26日と6月7日にも訪ねていて、過去2回は空振りだったが、今日は見頃になっていた。
下の資料は園内に置いてあったパンフレットの抜粋で、当園内には、江戸系、肥後系、伊勢系、野生種、長井系、米国種、雑種の“ハナショウブ”が約10万本植えられているらしい。

  

(今日の歩数 6360歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.26

天気は日替わりメニュー

いま梅雨本番のはずだが、いや、梅雨だからこそと言うべきかな。何んとも落ち着かない空模様が続いている。先週は暑い日々が続いて、特に一昨日はやたらに暑くて、梅雨が明けた後の夏本番はいったいどんなことになるのだろうかと思えたが、昨日は午後になって少し涼しくなったと思ったら、雷雨である。そして今日は一日中霧雨模様の天気で、じっとしていると肌寒さを感じるほどだった。

この後もまだ半月くらいは梅雨が続くはずだが、こんなに変化の激しい天気が続いては体調を維持することが大変である。一日も早く梅雨が明けて欲しいのだが、梅雨が明けた後の夏本番で、昨年以上の厚さがやってくるような、何やら恐ろしいことになりそうな予感がしないでもない。


(歩数記録)
 6月23日 6790歩
 6月24日 2590歩
 6月25日 7910歩
 6月26日 7920歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

赤城山のレンゲツツジ

今日はずい分暑かったが、暑い中、赤城山の白樺牧場までレンゲツツジを見に行った。
昨年は6月24日に行っていて、この時は少しピークを過ぎていたが、今日はジャストタイミングで、ちょうど見頃だった。見頃の情報が新聞等で流されていたのだろうか、小生は11時前には現地に到着したのだが、駐車場は早くも満車状態で、何んとか1車分のスペースを確保することができた。その後も次から次への車がやってきて、路上駐車がどんどん増えていた。大型バスも次々に入ってきて、かなりの人出だった。
ここへ来る時は、更に大沼(おの)から覚満淵へと足を延ばすのが定番なのだが、今日はメインの道路が渋滞気味だったので、ここで時間を費やして折り返すことにした。
というわけで、白樺牧場沿いに見晴らし山まで、レンゲツツジを眺めながら、のんびり歩いた。そのおかげで、白樺牧場の輪郭が少し分かってきたし、牧場内で飼われている牛たちを何頭も見ることができた。


(歩数記録)
 6月21日 7480歩
 6月22日 7660歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

セ・パ交流戦を終えて

昨日をもって今年のセ・パ交流戦が終了した。交流戦の主要な記録は下の資料のとおりである。

昨年の結果はこちらのとおりで、上位6チームを全部パ・リーグが占めたのに比べれば、今年は中日が4位、ヤクルトが6位に食い込んだのだから、セ・リーグにとって少しはましな結果と言えなくもないが、パの勝率は昨年が.579、今年が.577で大差がなく、やはりパ・リーグの圧勝だったことに変わりはない。こうもパの圧勝が続くようでは、最早パの方が強いという状態が定着してしまった、と言わざるを得ない。セ・リーグ各球団に一層の奮起を促したい。


(今日の歩数 5180歩)

(東京新聞6月20日朝刊18面より抜粋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.19

亀のお散歩

今日は早朝にソフトボール霞リーグの公式試合に先発投手として出場し、2回を投げて2失点で後続にバトンタッチ。試合はわがチームが14-2で圧勝した。

その後わが身を休めて、夕方に最寄りの公園へ亀の散歩に出かけた。亀の散歩は案外に大変である。犬の散歩なら我が身にも程よい運動になるのだが、亀の場合は殆ど動くことができない。かと言って、1分も目を離すと、どこかへ潜りこんで、探すのが大変である。というわけで、じっとしていなければならないのに、本を読んだり、ケータイでインターネットを眺めたりする余裕があるわけでもない。これが意外に辛いのだ。


(今日の歩数 10360歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.18

HPサービスのトラブル

右の資料は今日の東京新聞夕刊7面の記事の抜粋である。

最近、ホームページ作成・管理のサービスをリースで契約するケースが増えていて、これの詐欺が蔓延しているらしい。
インターネットがすっかり普及した現代においては、ホームページを持っていることはそれなりの宣伝効果があることは間違いないと思われるが、個人事業者や零細企業の場合は、内部にインターネットに精通した人がいないことも多いのだろう。このような場合にホームページを開設するためには、サービス業者に依頼するのが近道なのだが、インターネットに疎い人がサービスを依頼しなければならないところに、トラブルを生む要因が潜んでいるのだろうと思われる。
ホームページは作っても、その後更新を続けなければ意味はない。ホームページが開設された後、更新を自前でできるのなら、リースをする必要もなく、トラブルは避けられると思う。ホームページを開設するのなら、更新くらいは自前で行えるよう知識を身につけておくことが望ましいのだが、それも難しいのであれば、実際に更新まで含めてリース契約して問題を起こしていない人にサービス会社を紹介してもらうことだろう。


(今日の歩数 5670歩)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.06.17

スポーツ基本法

右の資料は今日の東京新聞夕刊8面の記事の抜粋である。

今日の参院本会議でスポーツ基本法が成立した。これが我が国のスポーツ界にとってどのようなプラス効果がもたらされるのか、小生には分からないが、小生の最大の関心事は囲碁がスポーツとして扱われるのかどうかにある。世界的には既に、囲碁は“マインドスポーツ”としてスポーツのジャンルが確立されているのだが、日本ではそのような雰囲気が感じられない。囲碁先進国であるはずの日本が世界の頂点に立てないでいる現状は、案外こんなところが原因となっているのかも知れないと思っている。今後の推移を期待を持って見守りたい。


(今日の歩数 4520歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.16

東京サマーランドのアジサイ園

昨日、東京サマーランドの裏山にあるアジサイ園の様子を見に行った。

現地に着いてみると、アジサイの花はまだごく一部が咲いているだけで、殆どが蕾状態だった。(右の写真)

このアジサイ園の最大の見どころは、園内で標高の一番高いところにある“アナベルの雪山”である。下の写真がそのポイントだが、残念ながら全く咲いていなかった。ここが満開になると、その名の通り、斜面一帯が真っ白に変身して、一枚バーンのゲレンデを思わせる。またの機会に期待しよう。


(歩数記録)
 6月15日 5070歩
 6月16日 8450歩


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.14

虫歯の仕組み

今日の東京新聞朝刊(25面)に虫歯の特集記事が掲載されていた。下の図はその記事の抜粋である。今後のためにここにメモしておこう。

ミュータンス菌? グルカンスクラーゼ? どちらも始めて目にする言葉だが、要するに、甘いものを食べると歯にこれを好むミュータンス菌が集まり、菌たちがグルカンスクラーゼというネバネバ物質を出して歯垢を形成し、ここを彼らの快適な住まい(?)にして、更にミュータンス菌が増殖する。
こんな循環の中で、菌たちが酸を出して歯を融かす、これが虫歯の原因らしい。



(今日の歩数 3170歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.13

中日岩瀬投手がセーブ新記録

右の資料は東京新聞6月13日夕刊3面の記事の抜粋である。

中日の岩瀬投手が昨日の楽天戦で5-2の9回に登板し、楽天の打者3人をぴしゃりと抑えて、今期10セーブ目を挙げ、元ヤクルトの高津臣吾が持つ史上最多の通算286セーブに並んだ。
岩瀬は現在36歳だから、怪我などがなければまだ数年はクローザーの役割を全うできそうで、この後更に100セーブくらいは上乗せできるのではなかろうかと思われる。現在の記録を大幅に塗り替える、とてつもない大記録が生まれそうな予感がする。
ちなみに、右の資料にある佐々木の252セーブは現在3位になっているが、これにアメリカのメジャーの記録を加えると381セーブとなって、これが日本人選手の最多セーブ記録になる。岩瀬はこの記録をも超えるのではなかろうか。

クローザーは点差の小さい試合の最後を締めくくるという極めて緊張する役割を任せられるわけで、経験の浅い選手では荷が重い。岩瀬自身も13年目にクローザーに転向して8年目になるのだが、この後も一つでも多くセーブを積み上げて、簡単には乗り越えられない記録を残してもらいたいものである。


(歩数記録)
 6月10日 7600歩
 6月11日 6920歩
 6月12日 8030歩
 6月13日 6350歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.09

新町リーグ1勝1敗

今日は新町センターで囲碁のリーグ戦を2局打ち、1勝1敗だった。これで今期(5・6月)の通算成績は10勝2敗で、目下首位争いを爆走中(?)である。
ただ、20局以上打つことがノルマなのだが、今期はちょっと厳しいかな。前期は18勝2敗で辛うじて20局に達して、トップの成績だったのだが、今期は20局に達するかどうか微妙な上、この後8局を打てたとしても、2敗を維持することは無理だろう。まあ、せいぜい頑張ることにしよう。


(歩数記録)
 6月8日 4080歩
 6月9日 6480歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.07

吹上菖蒲園

青梅市吹上菖蒲公園に花菖蒲の様子を見に行った。

右の写真は5月26日のもので、このときはこの写真の花が咲いていただけだったが、今日はこれよりは少しだけ増えていた。(下の写真)
とは言え、咲いているのはまだごくごく一部で、見ごろはまだ先のようだ。この公園では当初、6月1日に“花しょうぶまつり”の開園を予定していたようだが、これで入場料を取っては詐欺と言われかねない。
というわけで、今日は当然ながら、無料で入園することができた。


(歩数記録)
 6月6日   830歩
 6月7日 10540歩



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.05

囲碁流行の手

星にケイマがかり→コゲイマ受け→隅へスベリのとき、下図のようにツケる手がプロ棋士の間で流行っているらしい。この後、黒が頭をハネて、白がノビて、それからが色々変化があって難しく、小生には手に負えないが、一度実践で試してみようかな。


(歩数記録)
 6月4日 16200歩
 6月5日  9600歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.03

セ・パ交流戦前半を終わって

プロ野球のセ・パ交流戦は今日から後半戦が始まっているが、前半の12試合を終えた時点で、セ・パ両リーグ全12チームの成績は下記の通りで、上位にパ・リーグチームが固まって、下位にセ・リーグチームが固まっている状態である。通算成績もパ・リーグが41勝26敗5分けで、パ・リーグの圧勝と言っていい結果である。いよいよ“実力のパ”が定着しそうな気配が濃厚であるが、後半戦でセ・リーグがどこまで盛り返せるだろうか。

 1位 12勝0敗2分 福岡ソフトバンク
 2位 9勝3敗0分 埼玉西武ライオンズ
 3位 8勝4敗0分 北海道日本ハムファイターズ
 4位 8勝4敗0分 中日ドラゴンズ
 5位 7勝5敗0分 オリックスバッファローズ
 6位 5勝6敗1分 東北楽天イーグルス
 7位 5勝6敗1分 読売ジャイアンツ
 8位 4勝7敗1分 東京ヤクルトスワローズ
 9位 3勝7敗2分 横浜ベイスターズ
10位 3勝8敗1分 広島東洋カープ
11位 3勝9敗0分 阪神タイガース
12位 2勝8敗2分 千葉ロッテマリーンズ


(今日の歩数 4620歩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.02

菅さんが続投

衆議院は今日2日の本会議で、自民、公明、たちあがれ日本の3党が昨日提出していた内閣不信任決議案を採決し、決議案は賛成152票、反対293票の大差で否決された。欠席・棄権は計33人だった。

今日の午前までは、民主党議員から小沢グループを中心に70名前後が賛成票を投じ、40名ほどが態度を保留していて、どっちに転ぶにしてもぎりぎりの結果になるだろうと予想されていた。ところが、結果は民主党からの賛成票と棄権は数名にとどまって、上記のような大差で否決された。これによって、菅さんの当分の間の続投が決まったのだが、いったい、民主党内で何が起きたのか。

まず第一に、岡田幹事長ら党執行部の必死の切り崩し工作が功を奏したのだろう。しかし、何より不思議なのは鳩山さんの動きだ。今朝まで賛成票を投じると明言していながら、直前になって反対に転じたのは何故なのか。党執行部の工作の成り行きを見て、自分の不利を悟ったのだろうか。そればかりか、鳩山グループとされている議員たちも鳩山さんに追随する人はあまりいなかったらしい。このような情勢を察知したのだろうか、鳩山さんは直前になって菅さんと会談し、大震災復興、福島第1原発事故対応に一定のめどがついた段階で退陣することを確約したとして反対に転じた。実に見事な風見鶏である。

そして、この人、小沢元代表である。小沢チルドレンと称される議員さんら、小沢支持派を率いて菅降ろしを高らかに宣言していた。なのに、結果的に小沢さんに追随する議員は殆どいなかった。小沢さんの面目丸つぶれである。そればかりか、小沢さんは不信任決議案の採決に棄権したのである。棄権したことにどのような大義があったのだろうか。棄権することによって、民主党の除名を逃れようとしたのなら、実に情けない。


(歩数記録)
 6月1日 5310歩
 6月2日  740歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »