« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011.09.26

巾着田の彼岸花

昨日は埼玉県毛呂山町の親戚宅に出かけたついでに、日高市の巾着田まで足を伸ばした。
ここは彼岸花の群生地として知られる人気のスポットで、日曜日ということもあって大変な混雑だった。例年なら何んとか用地内の駐車場に車を停めることができていたのだが、この日は車を用地内に入れることができず、隣接する学校の校庭に設けられた臨時の駐車場にやっとの思いで停めることができた。

さて駐車場から「あいあい橋」を渡って現地に着いてみると、入口付近は彼岸花はごく一部が咲いている程度だったが、奥の方へ歩を進めると結構な咲き具合になっていた(右の写真)。台風15号に少々痛めつけられたような印象だが、これから芽を出すものも多いから、段々に見栄えが良くなるはずだ。


(歩数記録)
 9月23日   950歩
 9月24日 12060歩
 9月25日 11770歩
 9月26日  1720歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.22

橋幸夫が舟木一夫?

人気歌手の橋幸夫がもう一人の人気歌手舟木一夫になったかも知れない、というのだからビックリである。

東京新聞では、様々な分野の著名人たちが自身の人生を綴る「この道」というコラムが連載されている。今は歌手の橋幸夫さんが連載しているのだが、この人の文章は中々しっかりしていて読みやすく、楽しく読み続けているところである。そんな中、今日9月22日夕刊のコラムを読んでいささかびっくりした次第である(下の資料参照)。


(歩数記録)
 9月15日 4700歩
 9月16日 4760歩
 9月17日 8720歩
 9月18日 7890歩
 9月19日 7250歩
 9月20日 3280歩
 9月21日 2210歩
 9月22日 6750歩


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.14

八ッ場ダムについて

右の資料は東京新聞9月夕刊8面の記事の抜粋である。

民主党がマニフェストの中で建設中止を明記し、前原元国交相が建設中止を表明した一方、後任の馬淵下国交相が建設中止方針を撤回していた八ッ場ダム問題について、国交省関東地方整備局が建設の是非を検証し、ダム建設を進めることが他の代替案に比べて有利であるする検証結果案を提示した。右の図がその検証の流れを示したもので、この後、一般の意見を募集した上、最終的に国交相が決定することになる。

ダム建設を推進する立場の国交省の検証だから当然の結果とも言えるが、既に総事業費のかなりを消費してしまっている現実を考えれば、ここで建設を中止してしまっては、これまで進めてきたものが全て無駄になって、マイナスの方が大きいように思う。そしてダムが完成すれば、治水・利水の両面で全くの無駄ということはなく、それなりの価値を生むことは間違いがない上に、新たな環境が創出されることも考えてよいのではないだろうか。既にある全国のダムが大きな観光スポットになっていることは事実で、八ッ場ダムにおいても完成した後には、新しい環境が生まれ、人気の観光スポットになる可能性を秘めていることは否定できないだろう。ここまできたら、最後まで進めるべきと考える。


(歩数記録)
 9月 9日 4830歩
 9月10日 6570歩
 9月11日 9790歩
 9月12日 7490歩
 9月13日 4470歩
 9月14日 1570歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.08

多摩川の水位

既に消滅した台風12号だが、行き場を失ってずいぶん長いこと四国や中国地方に停滞して、紀伊半島をなどに大きな被害をもたらした。わが多摩川流域でも、最上流部の東京都奥多摩町や山梨県丹波山地域では避難を余儀なくされた人もあったようだ。
というわけで、昨日は久しぶりに多摩川に下りてみた。やはり川の水位は普段よりかなり高くなっていて、川幅もかなり広がっていた。(右の写真)

それにしても、日本はあまりにも災害が多い。東日本大震災から半年経って、今度は西日本に台風災害である。台風はこの後もまだまだ何発か襲ってくるかも知れない。日本をあまりいじめないで欲しいものである。


(歩数記録)
 9月4日  8490歩
 9月5日  3610歩
 9月6日  9360歩
 9月7日 13010歩
 9月8日   900歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.03

野田新内閣

右の資料は東京新聞9月3日朝刊1面の記事の抜粋で、野田新内閣の顔ぶれである。

5人の立候補者による民主党の代表選挙で野田さんが選ばれ、衆・参両議院で野田新首相が誕生し、ようやく野田新内閣が決まった。

小泉さんの後、自民党政権下で安部さん、福田さん、麻生さん、そして民主党に政権が移ってからも、鳩山さん、菅さんと、わずか1年程度の短命首相が続いてきた。こんなことでは、日本の首相は世界から相手にされなくなる。

民主党に政権が移ってから一度も選挙の洗礼を受けていないのも問題であるが、未曾有の大震災の復興が急がれる中、政治空白が許されないことも確かであり、野田さんにはこの際、しっかり仕事をしていただき、少しでも長く政権を維持して欲しいものである。


(歩数記録)
 8月28日 3800歩
 8月29日 8250歩
 8月30日 9200歩
 8月31日 4500歩
 9月 1日 4700歩
 9月 2日 1090歩
 9月 3日 1970歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »