« 久しぶりの上京 | トップページ | 青梅マラソン »

2012.01.31

北の湖親方が理事長に復活

日本相撲協会が昨日、2年の任期満了に伴う理事選を行い、投票で10人の理事を選出し、引き続き北の湖親方を理事長に選んだ。

理事選の結果は右の表の通りで、次の理事長の呼び声が高かった九重親方が際どく最下位当選だったことも驚きだが、立浪一門の伊勢ケ浜友が辞退したのに友綱親方が落選したことには驚いた。

さて、北の湖新理事長は弟子の大麻問題で辞任する08年9月まで理事長職にあって、再登板になるのだが、これは史上初めてのことであるらしい。
前任の放駒理事長は改革を積極的に推し進めてきた感があったのだが、北の湖新理事長に代わって、これが後退するようなことは許されない。しっかり見守りたい。


(歩数記録)
 1月17日  4405歩
 1月18日   677歩
 1月19日  3985歩
 1月20日   918歩
 1月21日   390歩
 1月22日  9053歩
 1月23日   518歩
 1月24日  2642歩
 1月25日   916歩
 1月26日  3301歩
 1月27日  3018歩
 1月28日 10548歩
 1月29日   608歩
 1月30日   510歩
 1月31日  5660歩

|

« 久しぶりの上京 | トップページ | 青梅マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/53870888

この記事へのトラックバック一覧です: 北の湖親方が理事長に復活:

« 久しぶりの上京 | トップページ | 青梅マラソン »