« 霞川の上流へ | トップページ | 宝登山に登る »

2015.02.16

青梅鉄道公園

今日も1日、晴れが続きそうだから、久しぶりに宝登山出かける予定。

 写真1
 

 写真2
 

さて、昨日の記事のつづき、青梅鉄道公園である。

上の写真1が人気のD51(デコイチ)、写真2がその説明である。
これと同じ型のものは、全部で1100車両以上が作られたらしいが、ここにある機関車だけで、地球60周に相当する213万kmもの距離を走ったらしい。実によく働いたものである。

この公園の中にある建物のことを記念館と呼んでいる。
この記念館の1階展示室に、ジオラマと呼ばれている人気の鉄道模型が置かれている(写真3)。
トンネルや鉄橋を設けた色々な地形の中を、本物そっくりの鉄道模型が実際に走るのだが、この日は午後1時半から開園されたので、しばし眺めた。

 写真3
 


鉄道公園を出て、目の前の車道を渡ると、すぐに崖になっている。以前はここで行き止まりになっていたのだが、..
いつの間にか、この崖を下る階段が設けられていた。
この階段を降りたところがテニスコートで、青梅駅まで随分近くなった。
写真4は、この階段を下りて、テニスコートの横から今降りたばかりの階段方面を眺めたものである。
この写真に見える尾根の向こう側が、先ほど立ち寄ったばかりの青梅鉄道公園である。

ここから青梅駅方面へ歩き、途中にある碁席‘青梅天元’に立ち寄り、碁を打ってから、電車で帰宅した。

 写真4
 

|

« 霞川の上流へ | トップページ | 宝登山に登る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/61135934

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅鉄道公園:

« 霞川の上流へ | トップページ | 宝登山に登る »