« もうダメ! 我慢できない | トップページ | 岩割の梅が残っていた? »

2015.03.04

梅郷が消えた

昨日の雨が今朝まで続いたが、9時頃には止んで、段々日が差してきた。

さて、今日は吉野梅郷の様子を見に行った。
ウメ輪紋ウイルスに侵されて、梅の木が全部切られていたことは知っていたのだが、実際に自分の目で確かめるべく現地に赴いたのである。

電車で日向和田駅まで行き、ここからまずは梅の公園まで歩いた。
上の写真は、公園に着いて、公園とは反対側の少し高いところに登って、公園全体を眺めたものである。
見事に梅ノ木が一本もない。
その代わりに、白いシートがいっぱいに敷かれていたから、その下には何か花が植えられているのだろう。

公園の入り口付近に、右の写真のようなビラが貼られてあった。
これによると、3月8日から4月5日にかけて、花祭りが催されるようである。
その時期になったら、また来てみようかな。

梅の公園を後にして、梅郷内の道を西へと歩く。
下の写真は途中の一風景だが、栽培農家の畑にも梅ノ木が一本もない。梅の木がないのでは、もはや梅の郷とは呼べない。梅郷が消えたのである。

いま、青梅市および関係者一同が、梅の名所として再び多くの人々に楽しまれるよう、真剣に取り組んでいるようであるが、気の遠くなるような大変困難な事業になることだろう。見守り続けたい。

下の資料は、青梅観光案内所、観光テレフォンサービス、青梅市商工観光課、青梅市観光協会の連名で出されているパンフレットの一部を抜粋したものである。

|

« もうダメ! 我慢できない | トップページ | 岩割の梅が残っていた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/61229059

この記事へのトラックバック一覧です: 梅郷が消えた:

« もうダメ! 我慢できない | トップページ | 岩割の梅が残っていた? »