« 植木内公園 | トップページ | ハナミズキが満開 »

2015.04.18

カメラスタンドと自在モニタ


今日は高気圧が日本列島全体をすっぽり覆っていて、全国的に一日中好天気が続くらしい。

カメラスタンド
右の絵は、過日買ったニコン製デジカメ(COOLPIX S6900)の使用説明書の抜粋である。
この絵にあるように、このカメラには小さいスタンドが付いていて、カメラを縦にも横にも立てることができるようになっている。
周りに誰もいないような場所で、自分ひとりとか、何人かで記念撮影をしたいとき、このカメラを適当な場所に立てかけて簡単に撮影できるから、三脚を持ち歩かないようなときに大変有難い。

バリアングルモニタ
バリアングルモニタは特に目新しいものではないのだが、使い勝手にいまいち違和感があって、このカメラを買うまでは使ったことがなかった。しかし、小生のような横着な者には、ありがたい機能であることは間違いない。
まず、カタクリとかレンゲショウマのように、いつも下を向いているような花を下から撮りたいとき、普通なら地面に寝転んで撮影しなければならないのだが、バリアングルモニタを使えば、片膝をつく程度で楽に撮影できる。
また、大勢の人が集まるような場所で、多くの人の頭越しにカメラを高く上げて撮影しなければならない時がある。このような時、レンズの後ろにモニタが固定されている普通のカメラでは、画面が見にくくて、構図を決めるのに大苦戦する。こんな時でも、バリアングルモニタなら自分の目にモニタを向けることができるから、楽に構図を決めることができる。
そして、モニタを内側にして畳み込めることも、カメラを使わない時の液晶画面の保護になるから、無視できない利点と言えるだろう。

|

« 植木内公園 | トップページ | ハナミズキが満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/61449094

この記事へのトラックバック一覧です: カメラスタンドと自在モニタ:

« 植木内公園 | トップページ | ハナミズキが満開 »