« 青梅大祭-歴史と見どころ | トップページ | 御岳神社例大祭 »

2015.05.06

青梅大祭-山車と山車人形


今日も好天気が続きそうだ。
MSN天気では、午後から雲が広がる予報となっているが、スマホで見ているau天気では、夕刻まで晴れとなっている。さて、どちらが合っているか。

青梅大祭の続き。
青梅大祭に繰り出される山車は全部で12台、そして居囃子が9ヶ所に設置されているという。
中でも山車には、それぞれの地区の歴史や伝説にちなんだ彫刻やら塗り物やらが施され、実に豪華な姿である。そして明治の終わりころまでは、この山車に、江戸の人形師たちによる名作ぞろいの山車人形が載せられて、巡行していたというから、さぞかし豪華絢爛たるものだったに違いない。

そして、その山車人形である。
上の二つの写真は、左が神功皇后の出陣姿、右は静御前が男装で舞う姿であるとか。
そして右の写真が、日本武尊(やまとたけるのみこと)の戦姿であるという。

小生が現地で見た人形はこの3つだが、このほかに二つあり、全部で五つが町内に残されているのだという。
そして、これら五つの人形と衣装等が青梅市指定の有形民俗文化財になっている。

また無責任男がどこかで叫んでいる。

 電線類を全部地下に埋めて、山車人形を復活しろ!

|

« 青梅大祭-歴史と見どころ | トップページ | 御岳神社例大祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/61538624

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅大祭-山車と山車人形:

« 青梅大祭-歴史と見どころ | トップページ | 御岳神社例大祭 »