« アジサイが色づいてきた | トップページ | 前と先 »

2015.05.26

冬と夜


今日はやたらに暑かった。この地域でも日中は30°を超えたようだ。
まだ梅雨前だというのに、夏本番になったら、いったいどんなことになるのか、今から心配である。

さて、‘冬と夜’、この二つの言葉に特に脈絡はないのだが、小生にとっては、この二つの言葉の使い方に苦労することがある。

まず‘冬’である。
冬を月で分けると、12月、1月、2月と考えるのが最も常識的だろうかと思う。
このように、冬は年を跨いでいて、年を跨いだ一連の一つの冬を表現するのに困ることがよくある。
例えば、冬が終わって3月も半ばを過ぎて、そろそろ桜が待ち遠しい季節になったとしよう。このとき、昨年暮の12月から今年の2月までの一連の冬をどう表現したらよいのだろうか。
「今年の冬は寒かったね」などと言うと、12月は除かれそうだし、「去年の冬」と言えば、1月と2月は入らないだろう。こんなとき、英語ならまとめて、「last winter」の一言で済むのである。

次に‘夜’である。
仮に、22時から日を跨いで3時までを夜としよう。
例えば、朝の5時頃になって、昨日の22時から今日の3時までの夜をどのように表現するのか、困るのである。英語なら‘last night’でよいのだが、日本語ではこれに相当する適当な言葉が見当たらない。
‘昨夜’が一番適当のように思うが、この言葉を使うと、‘昨日の夜’と受け取られそうな気がして、ちょっと使いづらい感じがするのである。
テレビなどでは、‘昨日深夜’とか、‘今日未明’などの言葉がよく使われていて、日付の変りをことさら意識しているような言葉の使い方になっている印象である。

|

« アジサイが色づいてきた | トップページ | 前と先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79078/61649451

この記事へのトラックバック一覧です: 冬と夜:

« アジサイが色づいてきた | トップページ | 前と先 »