カテゴリー「山と花」の192件の記事

2015.06.05

タマムシ(玉虫)?


一昨日は雨で涼しく、昨日は晴れて暑く、そして今日は午前中は晴れたが、午後に雨。雨は今も降っているが、この雨は明日未明まで続くらしい。忙しいことである。

さて右の写真は、最寄りの若草公園で見つけた小さい虫だが、ネットで調べたら、‘タマムシ’であるようだ。正確には、‘ヤマトタマムシ’ということになりそうである。

全体に緑色の金属光沢があり、背中に虹のような赤と緑の縦縞が入っている。
昆虫にとって鳥は天敵だが、鳥は色が変わるものを怖がる性質があるらしく、この‘玉虫色’が鳥から我が身を守っているらしい。


そして右の写真である。
どうやら観念したらしく、裏返しになって、「さあ殺せ!」という心境なのだろうか。

結局は逃がしてやったのだが、木に登って、どんどん上に上がって、ついには見えなくなってしまった。この先どうなるのか、全く分からないが、生涯を全うしてくれることを願う。
それにしても、中々に綺麗な虫ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.03

スイセンノウ(酔仙翁)


今日は久しぶりに、一日中雨模様で、涼しかった。そろそろ梅雨入りも近いかな。

さて右の写真は、6月1日に吹上しょうぶ公園で見つけた花だが、‘スイセンノウ(酔仙翁)’という名前らしい。
2013年6月3日に訪れた時には、この花に説明板が置かれていて、
 「全株に白い毛が密生する多年草」
と書いてあった。
花の名前の漢字を見ると、何やら‘酔っぱらったおじいちゃん’を想像してしまうが、どういう意味だろうか。

実は我が家にも、この花がひっそり咲いている。
いつ、どこで買ったのか、誰かから貰ったのか、全然覚えていないが、少しずつ増えている模様である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.01

吹上菖蒲園


今日の最高気温は29°だったようだから、昨日よりは涼しかったのだろうが、それでも日中は、かなり暑かった。

さて暑い中家内を連れて、今日から6月30日まで‘吹上花しょうぶまつり’が開催され吹上しょうぶ公園まで、自転車で向かった。

自転車置き場に自転車を置いて、入場料200円を支払って入場した。
今日が初日なのだが、平日ということもあってか、訪問客の姿は疎らで、園内関係者たちの数と訪問客の数が、ほぼ同じくらいの感じだった。
花のピークはもう少し先だと思うが、それでも、早咲きのものは既に綺麗な花を咲かせていたから、それなりに満足することができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.27

前と先


今日も最高気温が30°を超えたようだ。暑かった。

さて、今日を起点に話すとき、一日前の日のことを’きのう’とか‘昨日’とか言う。しかし、一つ前の週のことは‘先週’と言い、‘昨週’とは言わないし、一つ前の月のことも‘先月’と言い、‘昨月’とは言わない。また、大相撲の一つ前の場所のことも‘先場所’と言う。ところが、一つ前の年のことは、‘去年’とか‘昨年’とか言い、‘先年’とは言わない。

一方、‘先日’という言葉は普通に使われるが、決して‘昨日’のことではない。‘昨日’より少し前のある一日のこととして使われているようだ。‘先週’は一つ前の週のことで、‘先月’は一つ前の月のことであるが、‘先日’は一つ前の日のことではないのである。

‘去年’は一つ前の年のことだが、‘去る年’と言うと、意味がまるで違うことになりそうだ。

段々、ややこしくなってきたから、目先を変えよう。
「先の大戦では、.....」などと言うとき、‘先’は時系列では‘前’のことになる。
ところが、「日本はこの先どうなるのか」と言うときの、‘先’は時系列では‘後’のことになる。
ますます、ややこしくなってきたかな。

さてさて、日本語とは中々に使い方が難しく、実にややこしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.25

アジサイが色づいてきた


今日は、日射しはそれほどでもなく、雨が降ることもなく、まあ過ごしやすい一日だっただろうか。

さて、我が家の庭に育っている木の花シリーズは、ウツギがほぼ終わって、これからアジサイが始まろうとしている。
まだまだ白い蕾の方が多いのだが、早く咲いた花の中には早くも色づきだしたものある(右の写真)。
これから、花がどんどん増えて、色がどんな風に変わってゆくのか、楽しみに見守っていこう。

一方の草花シリーズは、大体において家内が管理しているので、小生はよく分かっているとは言えないが、今ナデシコたちがまだ頑張っている。この後、何が出てくるのか、こちらも楽しみにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.24

平成の森公園のバラ


昨日も今日も、予報では雨が降るかも知れないと思っていたのだが、実際には両日とも、日中は強い日射しがあって、かなり暑かった。

さて昨日は、次男が我が家にやって来て、我が家に置いてある彼の車のノーマルタイヤを履き替えるべく、最寄りのイエローハットに持ち込んだ。
10時半頃にタイヤの履き替えが終わって、彼の車に小生と家内が乗り込んで、埼玉県の川島町にある‘平成の森公園’に向かった。
ターゲットは、日本一長いバラのトンネルである。


平成の森公園は平成8年にオープンしたもので、この中でも全長300.5メートルの‘日本一の長いバラのトンネル’が人気のスポットになっているようだ。
上の写真がバラのトンネルの入り口である。この中に入って、全部歩いたが、実はバラの花は、トンネルの外側から見た方が賑やかなようである(右の写真)。

この公園には、バラのトンネルの他に、古代ハスが植えられている池や、菖蒲園などもあり、バラの花が終わっても、しばらくは楽しめるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.22

我が家の玄関が賑やか


今日の朝は曇っていたが、日中は結構日が射していた。それでも、それほど暑くはなく、風も穏やかで、過ごしやすい一日だった。

さて、我が家の玄関の前にある小さい花壇がいま大変賑やかである(右の写真)。
色とりどりのナデシコやら、白い花の菊やらが目いっぱい花を咲かせている。本当はもう少し広がっているのだが、これ以上写真を広げると、色々とボロが出てくるので、この程度にしておかないといけないのが残念ではある。

これとは別の場所に、いまアジサイがしっかり準備を進めてくれている。木は1本だけだが、蕾が結構いっぱいついているので、もう少ししたら、こちらも賑やかなことになるだろう。楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.21

ここにも青梅トンネルの上


昨夜は雨が結構降って、こわーい雷様もゴロゴロ鳴っていたが、今朝になって、一転して晴天である。そして日中は日射しが強かったのだが、少し強い風が吹いていて、それほど暑くはならなかった。

さて右の写真は、圏央道が日の出側から多摩川を橋で渡り、青梅トンネルに入る入り口である。
ここからトンネルに入ったその上に、やはり細長い緑地があった。下の写真がその‘白はけ緑地’である。


この緑地も、人影は見当たらず、あまり利用されていない感じである。
平日で、子供たちも学校へ行っている時間帯とあれば、そんなものなのかも知れない。
ベンチもあるし、日陰もあるので、うつらうつら、うたた寝するには良い場所だと思うが、...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.20

圏央道青梅トンネルの上


今日は朝から晴天で、日中は結構暑くなった。今夜は少々雨が降るかも知れないが、明日の朝には晴れる模様である。

さて市街地トンネルは、基本的には道路や公園などの公共用地の下を通っているのだが、カーブの部分などでは民地の下を通ることもある。
このような場合、民地を買い上げ、トンネルの上を緑地などにして開放しているようだ。

右の写真は、御岳神社から今寺西交差点までの区間に設けられた緑地の中の説明看板の一部を抜粋したものである。
周辺地域の人たちの憩いの場となるように、せっかく造られたのに、利用している人をあまり見かけないのは、どうしたことなのだろうか。
緑地の中にベンチがいくつか置かれているだけで、遊戯施設などは全くなく、実にシンプルなものだが、これでは面白くないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.19

蔵屋敷公園


今日も朝から雨模様だったが、本格的に降ることはなく、涼しくて過ごしやすい一日だった。

さて昨日の松原中央公園から自転車で帰る途中、右の写真の公園に立ち寄って一休みした。
この公園は、圏央道青梅トンネルの東側にあって、青梅街道と若草通りに挟まれた位置にある。

公園には下の写真のような説明板が置かれていて、‘蔵屋敷公園’という名前だった。
住居地域に囲まれた、あまり大きくない公園だが、この説明板によると、この辺り一帯はかつて、食料の貯蔵庫が建てられ、‘蔵屋敷’という地名になっていたらしい。

この公園は、我が家から徒歩で10分少々のところにあるのだが、今まで殆ど意識することはなかった。
青梅市内には、このような歴史に由来のある場所が、公園に限らず、結構多くあるので、その気になって調べたら面白いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

スポーツ | ペット | 何でも | 囲碁 | 山と花