カテゴリー「スポーツ」の98件の記事

2015.04.05

イチロー記録を伸ばせるか

今日は一日中雨模様になりそうな上に、かなり冷え込みそうである。桜も満開が過ぎたというのに、冬将軍殿もまだあきらめきれないでいるらしい。

さて右の資料は、東京新聞4月4日朝刊19面の記事の抜粋である。

いよいよメジャーも開幕を迎えようとしているが、ナ・リーグのマーリンズに移籍したイチローが今季、どれだけの活躍を見せてくれるのか、大いに注目している。
右の表の中で小生が特に注目しているのは、
 1.メジャー3000安打
 2.メジャー500盗塁
 3.日米通算2000得点
 4.日米通算700盗塁
の4つであるが、3~4は今期中に何とかなりそうである。

問題はメジャー3000安打である。
マーリンズでのイチローは4番目の外野手という位置づけであるらしいから、代打や代走での途中出場という機会が多くなりそうである。そうなると、打席数があまり増えないので、残り156安打という数字はかなり厳しいのではなかろうか。

そして上には取り上げなかったのだが、11度目のシーズン200安打という大記録もある。これが達成できるのなら、これ以上の喜びはない。しかし、いつの間にかメジャー現役最年長野手になってしまったイチローに、これが達成できるほどの出場機会は与えられそうにないのが残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.28

プロ野球が一斉に開幕

ここ何日間か、ずっと好天気が続いて、気温も上がってきた。桜も蕾が赤くなってきたので、ここ数日中には開花するだろう。

さて、いま春の選抜高校野球が佳境に入っている中、日本のプロ野球も昨日、一斉に開幕した。
右の資料は、今日の東京新聞朝刊の記事より切り取ったものである。

勝敗の結果の先に、まず観客動員数に注目してみよう。

 札幌ドーム    : 41,138 人
 西武プリンスD  : 28,210 人
 ヤフオクドーム  : 38,500 人
 東京ドーム    : 45,524 人
 京セラドーム   : 34,808 人
 マツダスタジアム : 31,332 人

パ・リーグ合計が107,848人、セ・リーグ合計が111,664人で、両リーグの間に殆ど差がなく、各球場ともよく入ったというべきだろう。
‘人気のセ、実力のパ’という言葉は、もう死語というべきかな。このところ、実力ではパ・リーグが押し気味の感があるから、‘人気もパ 実力もパ’などと言われないよう、セ・リーグの方が頑張らないといけない状態かも知れない。

そして試合の結果だが、まずは日本ハムの大谷投手が楽天のエース則本と投げ合って、開幕試合に1勝をあげとことが特筆されるだろう。ただ、大谷投手は6回途中で両ふくらはぎがつって、降板したことが心配である。癖にならなければよいのだが、...。

さて元巨人ファンとしては、やはり巨人の試合が気にかかり、テレビにかじりついて、結局最後まで見てしまった。試合の内容は、巨人が序盤の1・2回に3点を奪い先行したのだが、その後はむしろ押され気味で、守備の総合力で何とか勝ち取った試合だったと思う。オープン戦ではいまいち調子が上がらなかった先発の菅野が7回を投げて、1失点で切り抜けたのは、さすがと言っておこう。
巨人がこの日のような守備力を続けられるなら、今年もやはり巨人がセ・リーグの本命と言ってよいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.13

サイクリング

今日も良い天気だったが、午前は月1回の医院通い、午後は囲碁の会の集まりで、どこへも出かけなかった。

という訳で、昨日の足跡を少しだけ記録しておこう。
足跡といっても、実は自転車で少し遠くまでサイクリングをしただけなのだが、自転車というやつは、便利なようで、結構不便なところもあるらしい。
普段は徒歩で写真を撮りまくりながら歩いているので、家に帰ってから写真を見て、どこをどう歩いたのか、大体見当がつけられるのである。ところが自転車となると、停めるのが面倒らしく、結局3枚しか撮っていなかった。そんな訳で、分かっているのは、霞川沿いの道を下流に向かって走り、入間市に入って国道16号の近くまで行ったことくらいなのだ。

そんな訳で場所はよく分からないのだが、下の写真は、霞川に近く、岩倉街道が見える(後ろ)辺りから奥多摩の山々を眺めたものである。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.10

ダルビッシュがピンチ

右の資料は、東京新聞3月9日朝刊22面の記事のタイトル部分を切り取ったものである。

今回の検査で右肘内側副靭帯の部分断裂が見つかったというものだが、ダルビッシュが昨年8月に炎症を起こして戦線離脱したのと同じ部分だったらしい。
ヤンキースの田中も、昨年7月にやはり右肘靭帯の部分断裂を発症して、戦線離脱したのだったが、彼の場合は手術を避けて、PRP療法なるものを受けて、2ヶ月余りで復帰している。

ダルビッシュはどうするのか、手術をするのか避けるのか、決断が迫られる。
田中のケースは、今季の結果を見ないと分からないし、参考にはならないだろう。
もし手術をするようなことになれば今季の出場は絶望だし、手術を避けて将来のためになるのか、極めて難しい判断をしなければならない。

田中の場合は、渡米前のシーズンで無傷の連勝を続けたり、続く日本シリーズで頑張り過ぎたこともあって、少々無理をしたのではないのかなと思っていたのだが、ダルビッシュにはそのようなことはなかったように思っていた。
アメリカに渡ってから新たな変化球を覚えたりして、本人も気づかないうちに右肘に負担がかかっていたのかも知れない。

ダルビッシュも田中もまだ若いのだから、早く復帰することよりも、これから先長い期間活躍できることの方が大事である。判断を誤らないようにしてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.28

まだ上げられるか 錦織のランク

今日も晴天である。風は少々吹いているが、まあ穏やかな一日になりそうである。

さて、右の資料は、東京新聞2月28日朝刊23面の記事の抜粋である。

錦織選手が世界ランキング5位にまで上った時には、

 めちゃくちゃ素晴らしい!
 でも、この位置を維持し続けるのは大変だろうなあ。
 少し下がるのは仕方ないが、10位以内はしばらく維持して欲しいな。

くらいに思っていたのである。実に失礼千万なことだ。

それどころか、錦織選手が今戦っている‘メキシコ・オープン’で、もう一つ勝って決勝に進めば、世界ランク4位が確定する上、もし優勝するようなことになれば、3位になるかも知れない、というのだから、恐れ入った話である。
上の表を見ると、1位のジョコビッチと2位のフェデラーまでは、まだかなり大きな点差があるので、トップ2は中々遠いが、3位は‘もう目の前’である。

 --- なんというところまで来てしまったのか。 ---

錦織自身がこんな風に思っているのかも知れない。
この新聞記事では、錦織自身が今のランキングについて、「考えていない。あまり上がりたくないので」と言ったそうだが、本音でもあるのだろう。

ところが、ファンというやつは、‘実に無責任で、実にわがままな生き物’なのである。
困ったことだが、許して下され、...。

 ニシコリー、1位になれ―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.29

イチローがマーリンズへ

ヤンキースで FA になっていたイチローが、中々次の所属先が決まらずヤキモキしていた。このほど、ようやくナ・リーグのマーリンズと正式契約に至り、今日、都内で入団記者会見があった。まずは一安心である。
この会見のために、マーリンズのサムソン球団社長やジェニングズGMらがわざわざ来日し、イチローはいたく恐縮していたよようだ。

年俸200万ドル(約2億4000万円)の1年契約というから、ずいぶん軽く扱われたように思えるが、そんなことは問題ではない。要はイチローが今季、どれだけ活躍できるか、である。
伝えられるところによれば、マーリンズでのイチローは‘第四の外野手’となるらしいから、フルに近い試合出場は難しそうだ。あと156本に迫っているメジャー通算3000本安打は、レギュラーで出られるなら、今季内に楽にクリアできる数字だが、今季中の達成はさすがに無理かな。
この数字は、イチローにとっても是非超えたいだろうし、我々ファンとしても何とか達成してもらいたい。今年は無理かも知れないが、来年は必ず超えるだろう。

また今年も楽しみにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.28

錦織残念

全豪オープンを順調に勝ち進んできた錦織だったが、準々決勝でストレート負けした。
相手は去年のこの大会で優勝した世界ランキング4位のワウリンカ(NHKではバブリンカと言っていたが)で、この試合に関する限り、相手の方が強かった。

錦織がランク5位まで上がったときは、この地位を維持するのは大変かなと気になっていたのだが、次第に安定感を増している。いつの間にかこの地位が当たり前みたいになっており、格下の相手には容易に負けない。錦織は確かに強くなっている。

さて、錦織はこの後どれだけ強くなれるのか、大いに楽しみである。今のところ、今日敗れたワウリンカと更に上にいる3人との間には、簡単には超えられない大きな壁があるやに思えるが、錦織はまだ若い。近い将来、必ず超えてくれるものと期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.22

青梅マラソン

2月19日の青梅マラソンのスターターに女子レスリングの吉田沙保里さんが来るというので会いに行った。
何年か前にQちゃんが来たときには、駆け抜けるランナーたちからのQちゃんコールがいつまでも鳴りやまず、大変な盛り上がりようだったが、今回はそれほどでもなかった。
Qちゃん人気のすごさが改めて思い起こされた次第である。


(歩数記録)
 2月 1日  不明
 2月 2日  2731歩
 2月 3日  6104歩
 2月 4日 11265歩
 2月 5日  5803歩
 2月 6日   403歩
 2月 7日   802歩
 2月 8日  3919歩
 2月 9日 10718歩
 2月10日  3101歩
 2月11日  7725歩
 2月12日  1252歩
 2月13日   637歩
 2月14日  4517歩
 2月15日  6237歩
 2月16日  5315歩
 2月17日  6904歩
 2月18日   482歩
 2月19日 11275歩
 2月20日 15434歩
 2月21日  2819歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.31

北の湖親方が理事長に復活

日本相撲協会が昨日、2年の任期満了に伴う理事選を行い、投票で10人の理事を選出し、引き続き北の湖親方を理事長に選んだ。

理事選の結果は右の表の通りで、次の理事長の呼び声が高かった九重親方が際どく最下位当選だったことも驚きだが、立浪一門の伊勢ケ浜友が辞退したのに友綱親方が落選したことには驚いた。

さて、北の湖新理事長は弟子の大麻問題で辞任する08年9月まで理事長職にあって、再登板になるのだが、これは史上初めてのことであるらしい。
前任の放駒理事長は改革を積極的に推し進めてきた感があったのだが、北の湖新理事長に代わって、これが後退するようなことは許されない。しっかり見守りたい。


(歩数記録)
 1月17日  4405歩
 1月18日   677歩
 1月19日  3985歩
 1月20日   918歩
 1月21日   390歩
 1月22日  9053歩
 1月23日   518歩
 1月24日  2642歩
 1月25日   916歩
 1月26日  3301歩
 1月27日  3018歩
 1月28日 10548歩
 1月29日   608歩
 1月30日   510歩
 1月31日  5660歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.20

ボール納め

わがソフトボールチームは今日が本年度最後の日で、近くのチームと親善試合を行った。
小生は先発で2回を投げ、2失点。この間にわがチームの強力打線は猛攻を加えて8点を奪い、8-2と大量リードのままマウンドを後続のピッチャーに譲った。その後もわがチームは猛攻を続け、結局24-5(だったかな?)で大勝した。目出度し、めでたし。(*^。^*)


(歩数記録)
 11月11日  2779歩
 11月12日 13069歩
 11月13日  7655歩
 11月14日  9310歩
 11月15日  7868歩
 11月16日  8621歩
 11月17日  8412歩
 11月18日  3095歩
 11月19日   797歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

スポーツ | ペット | 何でも | 囲碁 | 山と花